桐生麻耶の季節

NO IMAGE

ゆうべは少しだけ秋になった気がしたのにきょうは真夏であった。 ……ってところまで、メール送信で投稿てのをテストするために短文送信したらちゃんと投稿された。それはいいんだけど、トップページには「〜真夏であった」までが表示され、「続きを読む」のボタンがあり、続きがあると思ってボタン押 […]

海神別荘の釣り針

しろへびさん

『海神別荘』読んでると海の公子ってのは明らかに「若さま」で「王子」で、だからまだ王様ではない。キングでもエンペラーでもなくてプリンス。気の強い姉ちゃんもいるようだ。……弟かよ! そうです海を統べてるお父さんはどっか別の宮殿にいるのか。 サクラ大戦歌謡ショウの海の公子は、セリフや行 […]

ないものにはのれない

NO IMAGE

呉智英の本に載ってた話。どっかの有名な学者にUFOはあるかと聞くと、「ない」。もしUFOに乗れたら何をしたいかと聞くと、「ないものには乗れない」。これが科学的な態度であろう。 今年の春のおどりを見ながら、見て幸せな気分になりながら、「真麻もあと一年やっときゃよかったのに(そしたら […]

帰ってきた春のおどり

唯一無二の男役

ここ5〜6年ぐらい『春のおどり』は面白くなくて何かもう期待するのも疲れるぐらいでどうしてこんなことに……と心で泣いていたので、今年の『春のおどり』も期待しないようにしてたのだ。 と書くと、何がどう面白くなかったかを説明しないといけないが、「舞台がなんとなく暗く、舞台に覇気がなく、 […]

唯一無二の八木節

山中千尋ベスト

来年の『春のおどり』は唯一無二の男役・桐生麻耶トップお披露目公演で、日舞は山村友五郎先生の作・演出による『春爛漫桐生祝祭』。フィナーレは『桐生八木節』の総踊り。や、八木節! 民謡がカッコイイ、ということを私はOSKの日舞で知りまして、着流しでシャキシャキバシッと踊るのもカッコイイ […]

劇場の激情

げきじょう

すきな劇場曲を10曲。 アイドルの夜明け アイドルの夜明け 【AKB48名曲集】 Virgin Love 僕の打ち上げ花火 ただいま恋愛中 偉い人になりたくない 約束よ 狼とプライド ごめんねジュエル 隕石の確率 シアターの女神 (順不同) 吉田豪選曲 知られざるAKB48周辺の […]

夏にわかった春のおどり

洋舞の『One Step to Tomorrow』。大阪松竹座で見た時にわかんなかったことが新橋演舞場で見てみたらわかることもあり、いいところも発見でき、とくに『マイブルーローズ』の良さがわかった。あれ歌ってる時の高世がいちばん魅力的だ。ああいう笑顔を見るとちょっとちょっとじわっ […]

高世麻央名場面考

『春のおどり』が高世さん名場面集公演だったので、そうかいろいろな名場面があったなあとしみじみ考えた。ひとつの公演に上演時間には限りがあるので、すべての名場面を再演するわけにはいかない。なので、今年の春のおどりから漏れてしまった「高世麻央でもういっぺん見たい場面」。 ひとまず日舞の […]

ジャストダンス解決法

『ジャストダンス』については初演が大貴さんのサヨナラのメイン場面だったのでつい気持ちも前のめりになる。これは2007年の春に『ラストショー』という景タイトルで初演され、2013年に『ジャストダンス』とタイトルを変え、2016年、そして今年とやった(とかいう説明はいくつか前の記事で […]

真麻里都のDancing Days

真麻、退団発表しちゃいましたね。昨年末、真岡のオールバックで個人的に盛り上がったので残念である。 私はそんなに良い真麻の観客じゃなかったかもしれないですが、いろいろ思い出はあるので振り返りたい。 なにしろ、OSKが2003年に(いったん)解散して、存続の会→NewOSKとなって、 […]

1 128