Home

大日貴

ジュリエット殺人事件

舞美りらはジュリエット役者じゃない、と書いたけどその一文だけだと「娘役としてダメ」って言ってるみたいなので少し説明する。彼女って本質は「線が太い娘役」ではないか。お姫さまとか可憐な少女とか、一見似合いそうだからよくそういう役をやるけれど、なんかいつも同じである。その役の前に「ふといまいみりらー」ってのが出てくる。体型じゃなくてね。森茉莉が結婚したてのダイアナ妃を見て「太い性格だ」と言い切っていてい笑ったことがあるがそれと同質の太さ。芯が強い、のではなくて芯が太い。そして舞美ちゃんがいちばん得手としてないのは演技で、太い性格なのに線の細い繊細な役やらせるとうまく演じられずどれも同じになっちゃう。今回のジュリエットも事前に「舞美りらがやるならこんなんだろーなー」と想像した通りのものが出てきた。「ああロミオ、あなたはどうしてロミオなの」なんて今どきコントでしか聞かれないセリフを、いっしょうけんめい言ってたけど、やっぱコントみたいだったしなあ。カンタレラのルクレツィアも同じ。ただし途中で人が変わって何かに取り憑かれたようにチェーザレを責め立てはじめたところだけ「人が変わってルクレツィアになった!ルクレツィアの魅力がやっとわかった!」……のだけど本来はそこは「人が変わってルクレツィアではなくなった」とこなのよね(^_^;)。『プリメール王国物語』は、人形の役をやっている時は人形だから心が繊細とか細いとか関係なく人形らしくて魅力的だった(春のおどりのときの人形もよかったな、そういえば)のに、人間の心を取り戻したら火が消えたように魅力が薄れてしまった。結婚式の時にダンナは「あれ……オレが好きだったのはこの子じゃない……けどもう言えない」ってなったんじゃないの、と見ながら笑っていたものです。舞美ちゃんは、美しく繊細な少女は似合わないんですよ。ぱっと見た目は可憐な少女だからって安易にやらせてはいかん。舞美りらをジュリエットにする、と決めたのなら「OSKのロミジュリ」は別なキャラ設定にすればよかったのに。2つの家がいがみあってて両家の子どもが恋愛する、という軸さえありゃロミジュリとして押し通せるんだから。……っていっても劇団員のことをあんまり知らない(だろう)上島先生にそれはむりか。

舞美ちゃんはどういう役が似合うのか。ふてぶてしくてツンケンしてるけど、ほんとは寂しがりの女の子とかな。あ、これ『刑事X』のマリリンか。あれは魅力的なキャラになってた(へんな統合失調症とかいう間違った設定があったけど)。あとはなー『蒲田行進曲』の小夏とか。スカーレット・オハラもまあいいかもしれん。ってぜんぶ宝塚でやってる演目じゃん。とはいえそういう役をヒロインにやらせる作品をすでにやってる宝塚はえらいと思わないわけにいかない(スカーレットは男役がやるけどな)(といいつつ『風と共に去りぬ』も『銀ちゃんの恋』も見たことはない、のでどんなふうになってるのかは知らない)。舞美ちゃんはじゅうぶん見る人の心を動かす芝居をできる。でも役を選ぶ。芝居を見るからには心を動かされたいではないか。だからキャスティングはよく考えてほしい。


悲劇って何

OSKのロミオ&ジュリエットを見てきた。つまんなかったなあ。きれいだったけど。音楽もまあまあきれい(でひっかかりがない。良い意味でも悪い意味でも)。ロミジュリってこんなにバカな話だったのか、ってのはよくわかった。で、そのバカな話をそのまま提出しましたという舞台でした。ということは、この舞台でいちばん言いたかったことは「世間では美しい悲恋のように言われていますがこれはバカな話です」ってことなのか。まあちがうでしょうねえ。死体とダンスの場面はよかった。工夫に思えるのがそこぐらいだったのが。フェンシングの殺陣がもたもたしてるように見えるのはたぶん振付のせい。でも全体に下品に流れることなくゆーったりと話が進んで、これはセリフがいらなかったんじゃないか。なぜかというとみんな芝居がいまいちだった。「お芝居をやっています」みたいな。だから話がバカなのがますますきわだっちゃったかな。あと舞美ちゃんはジュリエット役者じゃないと思う。しかし楊ちゃんもジュリエットに惚れてるように見えないロミオでしたなあ。でも見た目がきれいだったからそこは助かった。きれいなのがいい人にはいいと思えるだろう。


桜花王

桜花昇ぼるファーストコンサートについて、見た人といろいろ話をしていた時に、「何があってもあの時のあれがあるから、みたいな拠り所」というコトバを聞いてハッとなった。そういうヨリドコロがあるから何かを信じて(信じたくて)それを見続ける、というのである。

たとえばHKT48については、九州7県ツアーの福岡サンパレス夜を見たことと、KIVのシアターの女神公演を見た(いつのだ)のが拠り所で、音楽でいうとEGGPLANTでボアダムズを見たのとアザーサイドでアフターディナー見たっていうのが拠り所な気がする。じゃあOSKでは? 2004年の松竹座秋のおどりと2006年秋のおどりの日舞と2007年春のおどりを見たことだろう。それが心の拠り所となってOSKを信じている。一つにしぼれというなら、「OSKが最高に美しかった時」の2004年秋のおどりでしょうか。2004年の秋の桜花ちゃんの顔が大好きだった。

桜花昇ぼるファーストコンサート第一幕で、“You Do Something To Me〜ララバイ・オブ・ブロードウエイ”を歌う。ここが2004年秋のおどり第二部の『ニューヨークの秋』の音源を使っていて、「これは感慨深い、いろんな思いがぐるぐるするぞ!」と思ったら案外そうでもなかった。それよりも『桜花抄』のほうがじわっときた。『桜花抄』は次の世代の松竹座作品で、私はその次世代には文句ばっかり言っているけれどちゃんといい曲だってあるのだ。あたりまえのことに今さら気がつく。

このコンサートの、二部のほうはちゃんとつくってあったけど私にひっかかる曲が見事に一曲もなくて、それもまた桜花ちゃんらしいなあというか、私がひっかかるような曲をやるほうが驚くかもしれない。一部ではOSK時代の曲が並べてあり、途中で秋月さんの鶴の舞の話(BGMつき)をしはじめて、何かあるかと思ったらぶちっと終わって何もなかったように次に行ったので思わず「エエッ」と声が出た(^_^;)。これ、きっと桜花ちゃんが、どうしても秋月先生のお話を入れたい、と強く願ってのことなのではなかろうかと勝手に想像している。ここはひとさし舞ってもよかったんじゃないかな。白装束じゃなくても、黒燕尾でも真っ赤な変わり燕尾でも、たとえ大羽根背負って金襴緞子でも鶴、それでも良いのが桜花昇ぼる。

見終わってからしみじみと、OSKで、退団してからも舞台で活躍する人は桜花昇ぼるただ一人だろうなあと確信する。真琴つばさがトークで言ってた、『わが歌ブギウギ』で奥さんになったユリーを見て「ほんとにきれい、すぐ女優さんになってやっていける」って、その当時、私もだんなもMちゃんも揃って同じこと言ってたよ! 真琴つばさ話が合うよ! って誰でもあれ見たらそう思うよね。明治座で細雪の妙子役とかやりながらシャンソンのコンサートを開く桜花ちゃん。見てみたい、んではなく、たぶんやっている。同時に講談でEテレのサブカル番組にレギュラーで出て、春夏秋冬真田幸村もやってるな。全力で。


『LEGEND 愛の神話』inたけふ菊人形

前の劇場が取り壊され更地になってしまうと、もうすっかり前の記憶も更地です。新しい劇場は、ロビーの感じとか、和歌山市民会館みたい。中もまさにそんな感じなんだけど、幕があいて照明が入ると松竹座みたいだった。舞台装置がここしばらくの松竹座公演を担当してる人だし、電飾や照明もホールのきれいさに相まって照度が高く、あと客席からの舞台の高さも似ていて、真ん中には高世麻央さまが立ってるし、ぼーっと見てると松竹座と変わりない感じです。ただしピンスポットの当て間違いなどがちょろちょろあって笑う(笑いごとではない)(でもそれが武生)。

『愛の神話』はニコ生で見たよりはマシな気がしたけど、やっぱり生で見ればこその生々しいダメさもあって一回目見終わって「うーむ……」となったが、うーむと思ってもそんなにハラはたたなかったな。なんでかなーと考えると、北林先生はいつでも「これこそ私の美意識、これこそ私の世界」とグイグイくる。それがこっちの趣味と違うとほんとに拒否反応がきて「こんな趣味のわりいもんのどこがいいんだよ!」と怒りが抑えきれなくなるところ、今回はそんなにグイグイこない。肩の力が抜けてるのかしらん。

と思ったけどたぶんそうじゃなくて、肩の力じゃなく、そもそも力が入ってないとみた。

・暗い中から白くてひらひらしてる人の群れからゼウスが出るオープニング→
・堕天使(だけどデウスさまには無関係)の話→
・ルパン三世(と言ってはいかんらしいですよ奥さん)の宝石泥棒→
・ヤマトタケルと白鳥と黒鳥の話→
・デュエットダンス→
・フィナーレ→
・パレードで終わり

っていう構成で、この、すでに見た感というか押入れから出してきた感もたいがいですが、そこはいい。北林先生は、だいたいいつもこんなネタばかりです。それが芸風ともいえる。独参湯というものかもしれん。で、いつもならそれでグイグイくるはず。毎回同じようなネタであっても、いつもならもっと複雑に混ぜて境界線をぼかして化学反応を起こしてふしぎな香りをたたせて客をアチラの世界へ連れていくわよフッフッフ、それがわたし北林佐和子の術なのよ(グイグイグイ)、てなもんです。それがこの『愛の神話』にはない。ただネタを並べてるだけ。でも「暗転は悪」の北林先生ことだから間を有機的につながないといかん、景と景がとろけあい融合させなきゃ! というわけで登場するのが、

★白いひらひらゼウスが退場したら唐突に黄色いひらひら変わり燕尾で歌謡曲歌ってトークして「次は堕天使のコーナーです〜」っていうナゾの司会者みたいな桐生麻耶
★幻想的美形堕天使が流した涙の宝石を取って「ウヒヒ宝石ゲット〜♪」と唐突にルパン三世場面になだれこませる桐生麻耶
★何やってんだからわからないドタバタのルパン三世コーナーを終わらせるためにひとり残って客席に降り、唐突に鳥の話をはじめてヤマトタケル白鳥伝説に苦しそうにつなげる桐生麻耶
★クマソの怨霊みたいな黒鳥のカッコのまま、キンキラ衣裳のデュエットダンスをにっこり迎え入れなきゃならない桐生麻耶

とまあ、ぜんぶ桐生さん。ツナギの苦しいとこ丸投げですよ!
桐生さんは一生懸命です。このザツな構成の欠点をすべて背負って一生懸命。2番手の役者がやらされる仕事じゃないけど、「やるからにはやる!」のが桐生麻耶。でもさすがにルパン三世からヤマトタケルにつなぐ渡り鳥話はきつそう。というか聞いててきつい。ルパン三世から途中で桐生麻耶になる?戻る?あたりが苦しい。先生がここをどういうふうにしたかったんだかわからん。……というか、何かしたかった、ようにも思えぬ。つまり投げっぱ。先生もお忙しいでしょうから投げるのはいいとして(よくねーよ!)それがぜんぶ桐生さんてのも手抜きの上塗り。つなぎの4箇所、桐生さんがやるなら1つが限度だよ。といってどれを選ぶ、となっても困るぐらいどこもしょーもない(ある意味難易度高い)ツナギ役なんだよな……てことは、たとえば虹架とか、たとえば華月、武生だし穂香と下級生娘役でコンビとか、そのへんにツナギ役を振ったとして、震えあがるようなヒドイことになった可能性が。とすると、考え抜かれた桐生さんのツナギ4箇所登板なのか。……ちがうよ!

最初のナゾの司会者みたいなとこ、あれは麻央さまがやるといいかもしれない。あの手のご挨拶は似合う気がする。今回麻央さま全体に(出番のことではなく)仕事してる感が少なめなので、あそこで出ればお客さん喜んだかも。わートップさんじゃー、って。

いろいろ言ってるが去年のYUKIMURAとくらべたら今年のほうがいいかな(そう言ったら怒られた)。去年は盛大に腹が立ち不愉快になったからなー。今年がいいとは言わんけど、去年よりは心穏やかに見られるかも。イスの座り心地もいいしね。ひさびさの黒燕尾の群舞も、使ってる音楽が、シアターBRAVA!でやった『バロン/WonderStage JoyfulJoyful』の、フィナーレ前群舞の曲と同じで、あっちは白燕尾に黒シャツでちょっともさっとしてたのでこっちの黒燕尾のほうが見た目は良い。最後のほうになると下級生が入ってグダグダになっちゃったが、まあやってるのが下級生だからこれから良くなるでしょう。

どこの場面か忘れたけど、麻央さまがすごく美しい、木原敏江のマンガのようにステキなところがあった。堕天使の折ちゃんの顔がきれい(衣裳はなぜああなった)。黒燕尾の桐生さんの、後ろ結んでるオールバック黒髪が、何かに似ててかっこいいんだよなー何に似てるんだっけと「オールバック黒髪後ろ結び」で画像検索したらEXILE系が大量に出てきて「ちがうー(T_T)!」となる。そんなんじゃなくて、古いイギリス映画みたいな……何百年続いたお屋敷の、ミイラみたいな老主人を戴く陰鬱な大家族に仕える執事でさ、絵に描いたような忠実な執事なんだけど実はその家族を影で支配してる、みたいなさ。一瞬でもそういう想像をさせてくれたからよしとするか……でもとにかく桐生さんの便利づかいには強く文句を言っておく。

すう


春のおどり感想ぽつぽつ

★恵比寿屋でお大尽が傾城とよろしくやってる部屋。衣桁があって青い打ち掛けがかかっていた。その打ち掛けに“八つ槌車”が縫いとられていまして、これ大貴さんの実家の家紋なんですよ。ま、偶然でしょうけど。

八つ槌車

★やっぱり火消しの頭の死に方はかっこわるいと思う。あれじゃ年寄りの冷や水みたい……。

★下駄タップって、あんまり爽快じゃない。タイヘンなのかもしれないが甲斐がない技術と思う。歯にタップシューズの金属のアレでも仕込んでくれたらちょっとは爽快になるでしょうか。

★『恋の鞘当て』のところの音楽はすごく良い。今回の春のおどりの、和洋ぜんぶ合わせた音楽の中でいちばん好き。下世話とかっこよさの絶妙な混淆。

★初日の初回に日舞の緞帳がおりた時の客席の微妙な空気がすごかった。歌舞伎ネタ由来でよくわからないとか言われてたが、そうなのか? 歌舞伎ネタ知ってても知らなくても関係なくない?(ちなみに私は後で聞かされたネタはひとつも知りませんでした)全編スワヒリ語で芝居演じたとかいうならともかく、ショーなんだから、見りゃわかるだろう。「見たことない画と動き」を次々と出してくる、その画がきれいで、とてもよかったと思うが。問題があったとすれば歌舞伎ネタ云々じゃなくて、一場面がやたら長く感じられたってほうじゃないでしょうか。それは「場面の展開に難」と「出演者の技量に難」の、まあ五分五分だろうなあ。

★(これは今回の洋舞に限らずの話ですが)
公演の前評判とか、見た人の感想とかで「とにかく踊りまくり!」「すごい踊ってる!」って感想を聞くと「……(-_-;)」となる。それしか言うことないのか。OSKには他に取り柄がないから踊るしかないよね!がんばってるね!すごいね!と言われてる気がする。バカにされてると私は受け取る。あるいはOSKに求めるもののなくなった人びとの思考停止の怠惰さか。たまにはダンスのことじゃなくて「この作品はすごい!」って感想を聞きたい。また、製作側にはそういう作品をつきつけてほしい。今年の日舞は、その意味で語るべきことのある作品でした。

★最近、楊の舞台姿は都若丸の舞台姿にすごいよく似ている。(いいのかわるいのか……)

★真麻がいちばんかっこよく見えるダンスってどういうのだろう、と見ていて考えた。なんでもいけるからさ。今回の松竹座だと、日舞の火消しがかっこよかったが(これは教えてもらって発見した。ほんとにかっこよかった)、ちょっと意味合い違うしな。前は「案外、黒燕尾はそれほどでもない」と思ってたんだけど、今ならクラクラするほどかっこいいのをやってくれるかもしれない、と期待している。というかさ、去年も今年も「黒燕尾の場面」がないってどういうこと!

★三階席に座った時の楽しみとして、始まる前に場内が暗くなっていく時、後方にある音響室にあるインジケーターランプだけが赤くチラチラ…チラ…チ……と点ってるのを見ているのが好きだったんですが、なんか今年はカーテンひかれちゃった(´Д`)


ジャストダンス考

(最後にどうでもいい追記あり)

伝説のジャストダンス、とこの春から言われるようになった場面がありまして、それはOSK日本歌劇団『春のおどり』の中の、洋舞の一場面です。振付:名倉加代子、音楽:中川昌。群舞のシーンです。なんで「伝説の」なのかというと、今年で3回目の上演になる場面だからです。3回もやるってことは、音源も衣裳も使い回して経費節減とかではなく(いや笑い事じゃないんですってば)「名場面」だからです。

「伝説のジャストダンス」にはこのような歴史があります。

●2007年 春のおどり 第二部「桜ファンタジア」第12景『ラストショー』(大阪松竹座)
●2013年 春のおどり 第二部「Catch a Chance Catch a Dream」第12景『ジャストダンス』(日生劇場/大阪松竹座)
●2016年 春のおどり 第二部「Take the Beat!」第10景『ジャストダンス』(大阪松竹座/新橋演舞場)

最初は「ラストショー」って景タイトルでした。私はこれ、3回とも生で見た。どれも劇場の最前列からも後ろからも右からも左からも三階席てっぺんからも見てるのでけっこうこの場面に関してはプロ。で、今年のバージョンを、松竹座の初日に見た時に、「あ、前(2013年)と少し変えてあるな」と思った。再演といったって、時がかわればメンバーも変わる、人数や男役女役の比率とかその時のスターの持ち味とかがあるので多少の変化は必須だよな、だとするとその小さな変化というのは、先生が劇団員の個性をより際立たせるためという側面もある! とすればその差を拾い出すことは重要な意味が!

と思って、まずは今年と2013年との違いをはっきりさせよう。劇場で「ここが前と違う!」とか心のメモとって、家で2013年のDVD見て違いを確認だ!とやってみたところ。…………。
同じだった。ほとんど同じ。たぶんぜんぶ同じ。え。何見てたの私。
えーと、今年と違ってたのは、2007年バージョンでした。初演のこれが頭にこびりついてたもんで、つい。なのであらためて、2007年と、2013年&2016年の違いについて、わかりやすいところを書き出してみようと思います。需要あるのかこれ。それに2007の映像ってDVDがもう出回ってないからこれを読んでから見くらべるとかもできんしなー。でもまあいいか。.わかりやすい、主要男役の動きにしぼってくらべました。

音源は同じ。衣裳も基本同じ。ちがうのは帽子のリボン。2013年と今年はラメみたいな光る単色のリボンで、2007年は白黒の市松のリボン。ほれこのように。

帽子のリボン

 

……と、リボンの柄を見せたいのかそれを持ってる人を見せたいのかわからないような写真を上げさせていただきましたが、なかなか可愛いダービー帽です。さらにいちばん大きな見た目の違いは、2013年2016年では「男役トップ、2番手、3番手が白タキで、他はみんな黒」で、2007は「男役トップだけ白タキ」なとこ。この写真の人だけなんです白は。
あと、舞台装置は、ステージ後方に5段〜踊り場(っていうのか)〜5段で電飾つき階段が出ている。それ以外の袖パネルとかホリゾントとか吊り物とかは毎回ちょっとずつ違いますが、基本的に「白い光と黒と白の群舞」を際だたせるためのものです。

 

正誤表(違)

 

と、この表つくりながら、私はヒマすぎるんじゃないかと反省した。その上、時間かけてつくったわりには、よくわからない。わかったとて、「だからどーした」みたいな……。あと、2013年と2016年をいっしょくたにしちゃってますが、今年のやつは脳内メモなので、もしかするといろいろ違いがあるかもしれません。それは今年のDVDが出た時にでも検証してみてください。
あ、表内の、ラストショー(4.03)のところにつけた注釈の※1というのは、ここで投げキッスと書きましたが、よくある投げキッスじゃなくて、さりげない、可愛い、小さな桜色の花びらがふるるっと浮かんで消えるような投げキッスで……って投げキッスって言った瞬間もうちがうんだよーー(ToT)。いやでもそんなことにこだわってんのは私ぐらいか。

まあ、このような違いがありました。主要男役以外の動きにも違うところはたくさんあります。あとは、出てる人数かなあ。曲が進むにつれてくるくると出る人数が変わるので、プログラムに出てるメンバーの数で判断つかんのですよね。動画見て数えればいいんだけど、途中でめんどくさくなってやめた。総じて、

「ラストショーは少数精鋭」
「ジャストダンスは総員体制」

って感じ。ラストショーの時は、踊りながらほとんど無言だった。映像見ても「光と白と黒。音と動き」しかない画面である。ジャストダンスになるといきなり元気で、時にコミカルで、いたるところに掛け声が威勢よく入るようなった、ということからくるものが大きいかも。私としては、「ジャストダンスは粋でオシャレでシャープなので息をつめて見ていたい」から手拍子とかが入るのは「ちがうううー!」と叫びたいのだけど、「ジャストダンスはラストショーとはちがう」からそんなこと言うのもそれこそ無粋なのかも。

(2016.5.12 追記)
衣裳の違いがもっとありました。「ラストショー」では、男役はタキシードのシャツには蝶タイ着用でしたが、2013はノータイで開襟です。今年は覚えてない……(汗)たぶん開襟。この襟元の違いも、雰囲気をわりと変えるのに役立ってるようです。ラストショーは文化系、ジャストダンスは体育会系。


みゅーじっくすたじおその後

2003年5月25日(日付あやふや)に近鉄劇場で解散公演があって、近鉄体制下のOSKは解散して、そのまま何もなかった(個々では何らかの活動があったとしてもOSKという団体が継続しなかった)としてもたぶん解散10週年とかあたりに、イベントというか公演みたいなものはあったと思うんですよ。それこそアート館か大丸で。いやもしかすると松竹座で一日ぐらいあったかも。そしたら、週末に見たような、皆さんが絶賛されるところの、OGさんたちのワザが同じように見られたわけですよね。

しかし、それだと、真麻里都は見られない。OSKの劇団員真麻里都は存在してないんだから。

悠浦も楊もいないわけですからね。恋羽も城月も舞美ちゃんも。心から、存続してよかったと思うものであります。

(´-`).。oO(あの時、とってもたくさんのOGの人に、存続など認めないとか言われたのよねー)
(´-`).。oO(存続の時にいろいろリセット……断捨離……初期化……生まれ変わり……さよならエマニエル夫人……できたと思ったんだがなー)


Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top