Home

大日貴

高世麻央名場面考

『春のおどり』が高世さん名場面集公演だったので、そうかいろいろな名場面があったなあとしみじみ考えた。ひとつの公演に上演時間には限りがあるので、すべての名場面を再演するわけにはいかない。なので、今年の春のおどりから漏れてしまった「高世麻央でもういっぺん見たい場面」。

ひとまず日舞のほうについて、また見たいよーこの場面再演してほしいよー、というのを挙げてみます。「松竹座、南座公演で高世が芯とってた場面」から選びます。高世さんという人は、舞台でパフォーマンスする際、何かを振り切った時に別の顔が見えてくることがあり、その顔こそが醍醐味ともいえるのだが、それはわかる人にはわかるという、ちょっとわかりづらい(かもしれない)魅力だ。今回はそれではなくて、誰が見てもわかるタイプのほうの「名場面」です。

『三十石船』(2006年秋のおどり)
高世、桐生、貴城(優希)の3人の場面で高世センター。『三十石』という上方落語が元ネタ。京都から大阪へ淀川を下る三十石船の船頭。いやー、カッコよかったです音楽といい振り付けといい歌といい。こういうイキでカッコよくて勢いのある場面最近ないよねー。楊と真麻従えてやるといいと思います。

『俵積み唄』(2004年秋のおどり)
「俵積み歌」は2009年京都南座「虹のおどり」の東北地方を中心とした民謡メドレーでもやってたけどそっちとは別。秋祭りの民謡メドレーで、こきりこ節や秋田音頭や越中おわら節などを美しく楽しく舞い踊る、そのクライマックスが「俵積み唄」。田んぼ耕して田植えから稲刈り、脱穀して俵に詰めて大八車に乗せて奉納する、という一連を日舞で表現するんだけど、最後のとことか、知らない人が見たら「うわーっ」となりますよ。高世さんはセンターというか、最後に積み上がった俵に紅白の帯で結ぶ、たぶん「その村でいちばんの豪農の長男」みたいな役どころ。農家なんだけどとにかく豪農で、ふだんは顔も拝めないような人で、お祭りの時とかしか出てこなくて、ものすごく美しいの。で、ふだん土なんか触ったこともないはずなのに、鍬の使い方、腰が入っててすごくかっこいいの。……というようなストーリーが浮かぶような美しさで。唄は若木ちゃんが一人で歌ってたのでここは城月さんでも歌っていただきましょう。声質なら恋羽さんが合ってたんだけどな。

『石部』(2008年春のおどり)
「あなたは石部金吉さん〜♪」の歌に乗って、かっこいい江戸の町人・高世がモテモテな様子をこれでもかと見せてくださいました。高世がチラリと見るだけでそこにいる男も女もダダダーとホレちゃう。ヒゲモジャ(胸毛&腕毛)の浪人とか尼さんとか年増とかミーハー娘とかストーカー娘とか飛脚とかいろんな人が出てきて、ちょっとしたアドリブっぽいことも片隅でできるので下級生楽しいよー。

『恋の鞘当て』(2016年春のおどり)
高世さんが素浪人の伊達男で傘持って踊るの。音楽がすごくかっこよくて、もちろん高世もかっこよくて(衣装や鬘も似合ってたし)、しびれたなあ。これはもういっぺん見たかったなあ。

『場面の名前わからない…』(2008年レビューinKYOT0)
「源氏千年夢絵巻 輪舞曲(ロンド)」で匂宮を演じられました高世さん、薫の想い人である浮舟をちゃっかり頂いて、事後、浮舟の着物を羽織って薫の前に出てくる(オレは浮舟とやっちゃったよー、と語らず見せつける)ところ。……ここは高世が芯になってる場面じゃないけど(薫が「ガーン」とショックを受ける場面ですな)、イヤラシクてよかったです。でもこの場面を再演はムリだ……前後がないとワケわからん。

『大阪で生まれた女』(2006年秋のおどり)
『ハートスランプ二人ぼっち』(2007年春のおどり)
山村若(当時)作・演出作品のフィナーレ前のメドレー場面で、高世さんはこの「大阪ならでは」の曲を素頭の着流しで歌って、それがとてもよかった。この両曲とも、高世の笑顔がとてもかっこよかったのが忘れられない。

今年の春のおどりでは『鏡の夢』という、高世さんが出たことのない場面が、高世さんを芯として再演されてたので、そういうやつはないだろうかと考えてみた。

『道頓堀行進曲』(2006年秋のおどり)
フィナーレナンバー。せり上がって出てくるセンター役で。前の曲でもそうだけど、関東出身でナニワっぽくない芸風なのにもかかわらず、松竹座で大阪っぽい場面をやるととても似合う人だった。それをもういっぺん見たかったなー。

ジャストダンス解決法

『ジャストダンス』については初演が大貴さんのサヨナラのメイン場面だったのでつい気持ちも前のめりになる。これは2007年の春に『ラストショー』という景タイトルで初演され、2013年に『ジャストダンス』とタイトルを変え、2016年、そして今年とやった(とかいう説明はいくつか前の記事でコマコマと書いております)。

で、今年見て「ちょっと言わせてくれ」と思ったのは、

「ジャストダンスは前説なしでやってほしい」

であった。ま、ふつう、ショーは音楽と音楽と照明の点滅で場面が変わるから前説ってのもへんなんだけど、……前説つきなんですよ。前景が終わったら無言のうちに「…ダンダンダダダン!」とリズム刻んで新たな景として切り込んでくれー、と思いました。そのほうがかっこいい。だから、前景でトップ以外がジャストダンスの衣装で出てきてたのもなんかちがうと思う。場面が違うから衣装もちょっと変えようという意図か、ジャケットの腕まくりをしないでちゃんと着てるので、娘役なんかPTAのお母さんみたいでさー(OLっていうんでもないんだ。女子大生の就活でもないし、やっぱPTA風。これはちがうー・泣)。

で、今年のジャストダンスは、OSKを見続けている人には何らかのもやもやを抱えることになったと思われる。私が上で言ったこととはぜんぜん別のことで。

そのもやもやがどういうものでどこからくるものなのか、というのはもうめんどくさいから書かない。今日のこの記事はわかる人だけわかってくれたらいいですすみません。で、もやもやを解決する方法をいくつか思いついたので、それだけ書く。

★いちばん簡単な方法
「白」を1人にする。
初演の『ラストショー』は白が1人だったし別にそれでいいんでは。あとは今のまま。

★こっちのほうが根本的解決じゃないかと思う方法
高世は出ない。そして上から白3人。

白を5人ともセリに上げるっていう人もいたけど、それだとグダグダになりそうなんでやめたほうがいいんじゃないかなあ。そもそも「白が5人」っていうところが間違えたんだと思う。5人も白が散ると画面がとっちらかる。では根本的解決って、高世さん出さないってひどいと思うかもしれないけど前説で語ってるならジャストダンスに出ないというのはストーリーとして納得できる。さあ次世代をご覧ください、って。ここに出ないからといって高世麻央の魅力は減じないと思うから言っている。白を1人にするのは簡単だけど、それなら前説なしでいってほしいので、そうすると構成変えないといけないから手間かかっちゃうけど。

真麻里都のDancing Days

真麻、退団発表しちゃいましたね。昨年末、真岡のオールバックで個人的に盛り上がったので残念である。

私はそんなに良い真麻の観客じゃなかったかもしれないですが、いろいろ思い出はあるので振り返りたい。
なにしろ、OSKが2003年に(いったん)解散して、存続の会→NewOSKとなって、最初に「2年制の養成所」が復活して最初に入学してきたのが真麻たち(82期)で、そこで真麻は首席を取って卒業式では答辞を述べた。

ピンクの紋付きの襟元に紙が挟んであるのが、答辞ですね。次席が白藤。

真麻が入学したのって、2004年。最初の春の松竹座の時だから、この先どうなるのかなんてまるでわからなかった時代で、よく入ってくれたと思う。卒業式は2006年。会場は弁天町の世界館、この卒業式が終わって、同じ日か翌日ぐらいに2006年春のおどりの制作発表があったんですね。その時に新入団生として参加してて、まあこう見てもおぼこいねー。

この2006春って、私すごく好きだったんですけど。とくに洋舞。ラインダンスは松竹座で3本の指に入るぐらいの名作だと思うし、BLACK&WHITEとか、ジャストダンス(ラストショーだ!と本当は言いたい)とか、名場面の再演というのがたまにありますが(今年もジャストダンスあるんでしょ?)、この2006の『ナイトアンドデイ』なんて、また見てみたいんだけどなあ。それに限らず、場面再演するならなんでアレやらないんだ?ってのがいっぱいあって……ってその話になると長くなるのでまた別のエントリで書きます。で、真麻の退団のお知らせにある<経歴>で、初舞台の春のおどりの次に来てるのが『カウボーイズ』ってやつで、ここで真麻は女役をやりました。というのもこの作品、男役が5人だけの芝居でどうしても女性が必要な場面は女装して(っていうのもへんだが)出たので。その写真が一枚出てきたので載っけときます。戯画としての美女みたいな笑わせ役で超絶グラマー(;^ω^)。さすがに『カウボーイズ』の真麻がこれだけってのはナンなので、通し役の、プロボクサーを目指す男の子・ジムの写真を探す。なんとかまともに撮れてるのがフィナーレで主役の高世さんと一緒に写ってるやつしか探し出せなかった……(;´д`)。でもまあこの時代の作品てぜんぜん表に出てきませんので、歴史を掘り出す意味で貼り付けておきます。もちろん真麻はこのあと、かぞえきれないすごいパフォーマンスがあるわけですが、はじまりがなければそのあとだってないので。その後のすごいのについてはまた。

きのうと同じ明日が来ることが猫の幸せ

それは猫だから。

エロチック真麻

『JAZZY 〜DANCE AND THE BEAT〜』を真岡で見て超衝撃を受けたのが、オープニングの真麻ですよ! 暗転からぼーっと浮かび上がったらぴたっとオールバック。

「げ、こんなかっこいい真麻見たことねえ」

とうろたえたよ思わず。これ、大阪でやった時はどうだったっけ? あの時はなーんにも感じなかったけど、席が遠かったから見落としたのか、いやそれにしても。

とにかくぴたっと髪の毛を後ろになでつけてるのがエロくてエロくて。今までこんな髪型あんまり見たことないなーと真麻ファンに「ねーねー真麻ってオールバックしてたことある?」ときくと「んーあんまりしないかもー」と言われた。

そ れ は ま ち が っ て い る

真麻里都よ、キミは一生髪の毛はオールバックにしてろ、と私が神様なら命令したいところだ。と客席で拳を握りしめていたらオープニングから3曲めまで終わって前髪ができてしまった。しょぼん。

といってたらさっきニコニコにジャジーの大阪公演の映像がアップされて、前のめりになってオープニングを確認してみたら、あ、出てないわ真麻。二曲目から出てくるんだった。で、その二曲目も、まあ、いつもよりは撫でつけてるけど、真岡の時みたいな「エロいピタッ」ではなかった。がっくり。超しょぼーん(´・ω・`)ショボーン。真岡の写真か映像残ってないのかー、とにかくあのオープニングの真麻が「今まで見た中で最エロ真麻」だったんだってば。エロに厳しい私が言うんですから間違いありません。ああ真岡行ってよかった。

このジャジーさ、大阪で見た時は「うー、長くてとっちらかってる、作品としてはなんともかんとも……」と思ったけど真岡では人数減って、振付も多少変わり、曲も差し替えになって、とっちらかり具合もずいぶん収まって見やすくなった。ただ、エロのプロとしては、大阪でも真岡でも「男役がネクタイはずすとこはダメ」だなありゃ。大阪ではジタバタしてたし、真岡ではなんか酔っぱらいぽくてさ。「このあとネクタイ鉢巻きでもするのでは」と思ったら客席で笑ってしまった。でも、ネクタイをはずす前に暗めの照明の下で、男(役)3人がそれぞれイスにかける、もたれる、とかじっとしてるとこは大阪よりエロ度5割増し。それは良し。

恋羽みうちゃんのこと

恋羽みうちゃんで、私がとても印象に残っているのが、2009年?の南座公演の洋舞、真島茂樹(マジー)振付場面。タンゴだったかな。割とジミというかあんまり話題にならない場面だったんですけど、舞台の後ろにスパンのスリットドレスを着た娘役がずらっと並んでほとんど立ったままリズム取ってる、その前で誰かが何かやってた?ような気がするんだけど前に誰がいたのかいなかったのかまるでおぼえてないのは、その後ろでずらっと並んだ中に恋羽さんがいて、とにかくそのずらっと並んだ中で絶品だったからです。最初から最後までもうみうちゃんに視線クギヅケ。

別に何をしてるとか目立って何かをしていたわけではなくむしろ逆で、照明も暗めな中、みうちゃんがきわだって無表情で、その無表情さがこちらの感情を吸い取ってしまうような感じなの。曲がタンゴっぽいから他の人はわりと「挑み目」みたいのとか「大人のエロス」みたいなのを出してた気がするけど、それを何もしないからかえっていちばんエロくてたまらんものがありました。エロくてって、いやらしいんじゃなくて、といって可愛い健康なお色気というのでもなく、陰気じゃない暗さ。とにかく吸い込まれる。南座公演は映像に残ってないし、たぶん残っててもその恋羽さんの無表情の絶品ぶりは映ってないと思うので、あの「吸いこまれみう」は私の記憶の中にしかありません。

和紗くるみちゃんといっしょにニコ生に出て同期の思い出話をしている中で、「北原さんが退団する『エトワール』という作品ではじめてセリフをいただいた」って言っていて、じつはそれはまちがいなのです。エトワールは2008年2月だったかな。それより前、2007年7月に『VIVA!OSK 煌めく太陽燃える情熱』っていう作品が世界館でありまして、そこに恋羽さんが新入団生として出てきた。ショートカット、黒サングラス、グレーのタイトなスーツ姿の「組織の女」で、何か組織の重大な秘密を持って逃げた男を探してるかなんかで、遠いカリブ?の島まで追ってくる役で、黒サングラスをいまいましそうにはずしながら「まったく、手間かけさせてくれるわね」っていう、それがいかにも「ワケありな組織の、デキる女」を絶妙にカリカチュアライズしててカッコよかったんですよ。作品はバカバカしいコメディなんで、そのカッコよさがますます際立って、さらに話のおかしみも増すという、新入団生なのにこの存在感! さすが卒業式に答辞読んだ首席! と納得させるものがありました。

(その公演の画像ないかなーと探してみましたがどういうシチュエーションなのかわからないコレが1枚っきりですが、こんな瞬間の写真でもカッコイイですねみうちゃん)

なんの場面?

卒業式の写真ももう一枚出てきたので。きのう退団したみうちゃん、こないだ退団したくるみちゃん、そして現役の楊ちゃん。2007年のことであるからちょうど十年前だけれど、もちろんみんな若いが、同時に「みんな変わらないなあ」とも思う。よくぞまあ、OSKに入ってくれたものだと感謝しかない。

みうちゃんの上に幸せが空からドッと降ってくることを祈らずにはいられません。

卒業式

大阪と秋葉原

博多の桜

OSKでAKBグループの楽曲を使うことがある。私が気づいたのは3曲で、3曲のうち2曲は「AKBをバカにするのもたいがいにしろ」というほどのもので、このことに関しては腹に据えかねているのである。

AKBってのはそれでなくても色メガネで見られる存在ですが、あれだけの人材と資金が投じられているだけあって音楽についてはすごい財産を有している。シングル表題曲だけじゃなくカップリング曲、公演曲と、グループ全体で膨大な数の楽曲があってそれが今もどんどん増殖していって、その中に神曲がゴロゴロと埋もれているのである。それもあらゆるジャンル、あらゆるタイプにわたった曲。だから「音楽が重要である歌劇のショー」でそれを使わない手はない。どんどん使うべきと言っている。

しかしちゃんと使わなかったらぶちこわしになるのだ。曲の良さがひとつも出てない。「バカにするのもたいがいにしろ」と私が怒るのは、あれじゃ本当に音楽をバカにしているとしか見えないからだ。「はーい、えーけーびーやりますよーワラ」みたいな。私はAKBグループが好きなのでまずそっちで怒るけど、そうじゃなくても「かっこよくもなけりゃ可愛くもない、おまけにまともに歌えてもない」のもダメダメだよ。「どーせ余興の一曲ですから」でテキトーにやってるみたいに見えるのももっとダメだ。やってる側にそんなつもりがあろうがなかろうが。

AKBの曲を使うのなら、とにかくいっさいチャラけないでやってくれ。黒燕尾に白ドレスぐらいの気合いで、これがAKBだなんて考えるスキも与えないぐらいの振付で。「グダグダMCどうですか」なんて曲をグダグダな振付と歌唱でやって許されるのはAKB本体だけなんだってば。それ以外の者がそれやってもみっともないだけ。

(3曲のうち残りの1曲は、武生の『ラッピング/クラッピング』のラインダンス前に「恋羽、城月、麗羅」の3人が初音ミク色のカツラで「リボンライン♪」て歌う風変わりな曲で、あれは風変わりすぎてAKBとかまるっきりひっかかりませんでした。そういう使い方はいいです。だから私が気づかないでそういうふうに使われてるAKB曲はもっとあるかもしれない)

じゃあOSKがAKBやるとしてどんな曲をどう使ったらもっともいいんだと問われたら、

★楊琳センターで、ダークスーツで『アイドルの王者』。

★高世麻央センター、黒燕尾で『転がる石になれ』。

これなんて高世の声質にも合ってるしこういう曲調はぜったい似合うのだ。意外性あってなおかつかっこいい。ああ見たい。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top