Home

大日貴

石走る垂水の上の早蕨の

折原有佐=折ちゃんの卒業公演が終わった。折ちゃんらしさのあふれた良い公演であった。

いや、べつに『Let’s Hung Out!』は“折原有佐卒業公演”と銘打たれてたわけではない。最後に出演した舞台がこれだっただけだ。主役だなんて思ってもいないだろう本人も。でも主役でなかったから折ちゃんらしさがあふれた。

男前な娘役、というのはOSKの娘役にはよく言われるホメ言葉だがほんとに男前な人は実はそれほどいない(宝塚と比べりゃ多いのかもしれないけど)。そんな中で、OSKが誇る男前娘役の若木志帆という人がいた。そして折ちゃんもまさしく男前娘役であるのだが、でもふたりの男前っぷりはぜんぜん違うのだ。水がなくなってみんなが死にそうになってるとする。そんな時、ひとりで立ち上がり、スコップで岩山を砕き泉を掘り出してしまうのが若木さんで、自分が泉になってしまうのが折ちゃんである。どうやって泉になるのかって、そりゃ、水をびゅーっと……ってそれじゃ水芸の人みたいだが。とにかく折ちゃんは水々しい(瑞々しい)。舞台にいつも澄んだ水をあふれさせる尽きない泉みたいにそこに出現するんです。おいしい水をみんながすくって飲んで生き返る、ような存在。悲壮感も何もない。じめじめしてるんじゃなくて、ほとばしる透き通った水。その水を浴びて桐生さんがやたらかっこよかったよね。虹架も愛瀬も。別に娘役は男役に寄り添わなくたっていい。ちょっと横から水をじゃぶじゃぶ浴びせて、水もしたたるイイ男に見せるんだっていいじゃないか。……そんな光景を見せてくれた人は、嗚呼、これで卒業しちゃいました。泉の蛇口をぎゅっとしめて、後ろも振り向かずに歩いていきました。しかし蛇口しめられちゃうとこの先、水はどうしたら……誰かー!

で。
『Let’s Hung Out!』は丁寧につくってた公演だと思うし、何よりも桐生さんがすごいかっこよかったのは良いことでした。折ちゃんも可愛かったりかっこよかったりいじらしかったりして、卒業を美しく飾ったと思う。ただ、一点どうしても納得のいかないことがある。第23景『エトワール』。

ここで歌われる『エトワール』という曲は、2008年一月に世界館で行われた『エトワール』という公演の主題歌だ。この公演は、当時の娘役のトップにいた北原沙織の退団公演で、この曲は「彼女の退団のために作られた曲」です。

2008年1月世界館公演エトワール

今回聞いた方はおわかりのように、歌詞も曲もとてもいい歌なのですよ『エトワール』。だからこの曲を「OSKオリジナルの良い曲」として歌うことは、まあアリかなと思う。じっさい高世麻央がソロCDでこの曲をカバーしたし。

しかし、退団をする娘役が、退団公演でこれを歌うということになると意味がちがってくる。北原さんのサヨナラのためにつくられた曲を、なんの前置きもなしに別の娘役にサヨナラで歌われたら私は納得がいかない。

たとえば松竹座で名倉先生が、2007年春のおどりの『ラストショー』という場面を、同じ振付で『ジャストダンス』と景タイトルだけ変えて2回再演した。その時に先生から「この場面はOSKに踊り継いでいってほしい」という思い(卒業していく大貴誠→トップになった桜花昇ぼる→トップになった高世麻央へ、そしてずっとその先まで、と私が勝手に読み取った思い)が語られた。私は2007年の『ラストショー』を宝物のように思っているけれど、名倉先生の思いも理解するから、再演にも納得するのである。

今回、折ちゃんが「最後にはあの曲を歌いたい」って希望したとか、あるいは先生が「折原にぜひこれを」とか(ちなみに『エトワール』は芹先生が演出でした)、劇団が「あの曲は、娘役が退団する時のための曲として歌い継ぎたい」とかいうことであれば、ちゃんとそう言ってほしかった。そう言われれば文句なんか言いませんよ。べつに舞台で言わなくたってプログラムに一行そう書いてあれば、こんなモヤモヤはしない。

(この作品に限った話ではなく、外部の発表会でやったのと同じ場面を武生にそっくりそのまま持ってくるとか、和倉でやったのを松竹座でやるとか、OSKの公演でそういうのをなんども見てしまって、この世界はそういうもんなのか、いやちがうだろうそこは、と思い続けてきたので、今回のことも、よりによって退団するという公演の退団者のメイン場面でそれだったことに普通以上にひっかかってしまった。場面の再演というのは意味のあることであって、使い回しというのはただの怠惰だと思うので。こんな時に、客に、使い回しだとか思わせないでほしいです)

(でもこのことも折ちゃんがほとばしる水で洗い流してくれるでしょう)

(なんの本だったか忘れたけど、「アルプスの水をかためて磨いたような透き通るレンズ」っていう文章があって、それ読みながら「折りちゃんみたいだなあ」と思っていたことを思い出しました。そんな透き通った瞳でちろっと横目をつかう花魁さんのお写真を最後に)

おりらん

(おまけ)


脳の場所

「娘役のOSK」って言いますけど今はもうちがうような気がします。それは娘役の質が落ちたとかいう話ではなくて、昔のOSKの娘役って「可愛らしい奥さんになりたくて結婚してみたらダンナサマがすこし甲斐性がなくてついバリバリ働いて子供も育ててるうちに女社長になっちゃった」みたいな感じだったじゃないですか(ちがうか)。今はもう出だしからして「アタシは好きなように生きるのカレシは好きだけどー奥さんとかムリー家事とかむりむりー子供とかありえんてぃーバイトもだるいし社長なにそれ美味しいの」みたいな感じになっていて、自由に生きられるという点でそれもまあいいんじゃないのかと。そういうのだって今どきのしぶとさみたいなもんで、昔とは別種のオンナノコの強さだと思います。ただしそれを取り囲む装置がわりと昔ながらの機構なもので、今どきのオンナノコの強さが浮いてみえるということはある。ただその取り囲む機構もさいきんは建て替えに入ってるみたいだしこれからしっくり行くんじゃないですかね。さてここに載せましたのは横目好きな私が選んだOSKの娘役スターのやや横目のお写真ですが、ここに出した人が「ありえんてぃ〜」なギャルなわけではないです。でも昔ながらの「娘役のOSKの娘役」でもない。きれいでいいですねー。


思ひかはしてまた横目する事なく

ポスターの写真とか舞台写真で「なぜこの写真を選ぶ」と思うことがよくあって、というかそんなんばっかしで、私がかっこいいと思う表情や角度ってのはあんまり多数の需要がないらしい。私が好きなのは「横目」で、こっちを見てるんじゃないやつ。

というわけで撮可の『レビューJAPAN』で撮った写真で、スター様が好きな顔をしているもの2点。


おにのさうだん

『鬼ノ城』は、あらすじを読んだ段階で、というか日本中に散らばる鬼伝説から考えても失敗するわけないストーリーで(千年以上も人口に膾炙して練り上げられ単純化され完成した「おはなし」だ)、異人が哀しくもその本性を露わにして滅ぼされざるをえない、と想像しただけで泣けるではないか。それもその鬼を桐生さんがやるっていうんでしょう。涙なくしては見られませんよ。……と思ってたのにどうしてああなった。

私が想像してたのは、悪者の奸計にかかって愛する妻を殺された、やさしい異人。妻の亡骸を抱き上げて泣く。やがて固まったように動かなくなる。静かな嗚咽が徐々に恐ろしい咆哮となり、顔をあげると髪は逆立ち目は燃え盛る炎のような金色に光り口からは血を吐くように呪詛の言葉を吐く鬼に変貌している……みたいな場面だったんですが。異形であればあるほど可哀想である。そしてかっこいい……!

それが、おめえの女房誘拐したったぞーどうせ死んでんぞーとかチンピラみたいなやつにゲヘゲヘ笑いながら言われたら唐突に(いや、唐突なんだけど、やけに「準備完了」的な段取りも感じさせる)鬼になって暴れだすから、私はこの場面見て「……。こんなアブナイやつは早めに退治しておくが吉」と思った。嫁さんの死体見つけるまでこらえろ。

はやみ作品におけるつっこみどころや考証無視は、私はいちいち気になるほうだ。とくに、カッコつけようとして背伸びしたセリフを言わせてるその言葉が間違ってるとことか(今回だと「大逆罪」とかな)。バカみたいなのでよせ。と言いたいけど、芝居ってのは結局は「なぜその人物がそういう行動をとるか」が納得できれば、そしてその行動に感情移入できればいいのだ。鬼になって人を殺戮しまくる。恋の恨みがこじれて王権奪取しようと目論む。そんな気持ちを自分のもののようにわからせてくれる、というのが芝居の醍醐味では。その醍醐味の前にコトバや考証の間違いなど何ほどのものか。

その醍醐味がないんだこの『鬼ノ城』は。鬼は哀しみよりアブネーと思っちゃうし、主人公のイサセリさんもなー、出自にいわくがあるようなことを匂わせて、なんか秘めたる力もありそうな感じで、辺境を行く貴種流離譚〜〜〜な、設定は盛りすぎるほど盛ってある。で、正義感にあふれ洞察力もありそうで「温羅(うら←鬼さんの名前)と会ってみたい話がしてみたい」とかいってる割に、トコトコ歩いて「うらーうらー、どこだー」って呼ばわってるだけ。やっとみつけた温羅は鬼みたいになってる。こここそ話しどころだ! ……なのに鬼とは話す気もなさそうにさっさと戦闘態勢に入ってるし。頭悪そうでイヤになる。イサセリの子分、とくに犬、アンタ温羅をさがしてて見つけて温羅が鬼になる理由から何から見てるのに(これを物陰から見てる、ってのも意味がよくわからん)ぜんぜん報告もできてなくてそのせいでどれだけいらん人死にが起きたと思ってんだ。私が鬼ならまずこいつからくびり殺す。ここで私はつい『闇の貴公子』を思い出し、異人が鬼に変貌するという、そこまでの流れがちゃんと納得いったよなああっちは、「鬼の話とはそういうもの」と開き直ってこっちもそういうふうにしてほしかったなあ、と思った。こっちは、意味のない行動をさせてすっきりしない展開になる。だめだと思う。

望月上道という右大臣が、なんか大王の大后といわくがあるらしく、それが原因で王権転覆を狙っていて、温羅を陥れるのもみんなこの上道が糸を引いているワルなわけです。その割に台本上でたいした書き込みがなくて、そのせいでいい意味でひっかかりがなく、でも見終わった時に残る「小悪党」感。これを見る前に、「あの上道の役を大貴さんがやったらどうだっただろう」と言った人がいて、そのつもりで見てみたけど、大貴さんがやったところでたいして役には深みは出なかったであろう。誰がやったってあれはつまらん役。ということは誰がやってもあれはできると思う。とてもカンタンな役。最後に悪事がバレて瀬戸内海の女木島に流される、が、そこで「オレは負けない一旗揚げてフッフッフ」、みたいな独白で芝居は終わるのですが、10年ぐらい前に女木島に行ってみたことがある。すっごいのどかでノンキな感じの島で、そのノンキな島でブイブイ言わせて最後までフッフッフと言ってる上道の姿が想像されて、楽しい気持ちになった。余韻は余韻でもそりゃ別の余韻だろう。

さらにそのあと、温羅さんが出てきて「いやーコワイっすね人の心には鬼がいますよね」的なトークをしはじめたから目が点。なんなんだこれ。武生のルパン三世が渡り鳥の説明する「かんべんしてくれトーク」再び。そんなところで北林作品の真似をしないでいいよ。最後にそういう説明つけるなら(つける必要ないけど)(そういえばこの芝居、何かあるたびに、たとえば温羅が鬼になった場面に、「温羅は、鬼に、なった」とかいう録音ナレーションがいちいちかぶさるという謎仕様だった。視覚障害者向けとも思えず、これもまたバカみたいな演出だ)、おとぎ話の鬼の話を聞いて怖がる子供に、鬼の真似をして哀しい話をしてやりながらふと遠い目になる温羅(にそっくりに見える男)、とかの場面ぐらいにしてほしい。

ここまでは台本と演出の話。あとは演技がなあ。全体的に「いつもと同じ」。想像以上のものが何もない。役者に、こちらのイマジネーションを超える何かを出させるのは作品の力だ、と思いつつ、こういつも通りでは……まあ……作品がよくないんだとは……思うんだけどねえ……。


ジュリエット殺人事件

舞美りらはジュリエット役者じゃない、と書いたけどその一文だけだと「娘役としてダメ」って言ってるみたいなので少し説明する。彼女って本質は「線が太い娘役」ではないか。お姫さまとか可憐な少女とか、一見似合いそうだからよくそういう役をやるけれど、なんかいつも同じである。その役の前に「ふといまいみりらー」ってのが出てくる。体型じゃなくてね。森茉莉が結婚したてのダイアナ妃を見て「太い性格だ」と言い切っていてい笑ったことがあるがそれと同質の太さ。芯が強い、のではなくて芯が太い。そして舞美ちゃんがいちばん得手としてないのは演技で、太い性格なのに線の細い繊細な役やらせるとうまく演じられずどれも同じになっちゃう。今回のジュリエットも事前に「舞美りらがやるならこんなんだろーなー」と想像した通りのものが出てきた。「ああロミオ、あなたはどうしてロミオなの」なんて今どきコントでしか聞かれないセリフを、いっしょうけんめい言ってたけど、やっぱコントみたいだったしなあ。カンタレラのルクレツィアも同じ。ただし途中で人が変わって何かに取り憑かれたようにチェーザレを責め立てはじめたところだけ「人が変わってルクレツィアになった!ルクレツィアの魅力がやっとわかった!」……のだけど本来はそこは「人が変わってルクレツィアではなくなった」とこなのよね(^_^;)。『プリメール王国物語』は、人形の役をやっている時は人形だから心が繊細とか細いとか関係なく人形らしくて魅力的だった(春のおどりのときの人形もよかったな、そういえば)のに、人間の心を取り戻したら火が消えたように魅力が薄れてしまった。結婚式の時にダンナは「あれ……オレが好きだったのはこの子じゃない……けどもう言えない」ってなったんじゃないの、と見ながら笑っていたものです。舞美ちゃんは、美しく繊細な少女は似合わないんですよ。ぱっと見た目は可憐な少女だからって安易にやらせてはいかん。舞美りらをジュリエットにする、と決めたのなら「OSKのロミジュリ」は別なキャラ設定にすればよかったのに。2つの家がいがみあってて両家の子どもが恋愛する、という軸さえありゃロミジュリとして押し通せるんだから。……っていっても劇団員のことをあんまり知らない(だろう)上島先生にそれはむりか。

舞美ちゃんはどういう役が似合うのか。ふてぶてしくてツンケンしてるけど、ほんとは寂しがりの女の子とかな。あ、これ『刑事X』のマリリンか。あれは魅力的なキャラになってた(へんな統合失調症とかいう間違った設定があったけど)。あとはなー『蒲田行進曲』の小夏とか。スカーレット・オハラもまあいいかもしれん。ってぜんぶ宝塚でやってる演目じゃん。とはいえそういう役をヒロインにやらせる作品をすでにやってる宝塚はえらいと思わないわけにいかない(スカーレットは男役がやるけどな)(といいつつ『風と共に去りぬ』も『銀ちゃんの恋』も見たことはない、のでどんなふうになってるのかは知らない)。舞美ちゃんはじゅうぶん見る人の心を動かす芝居をできる。でも役を選ぶ。芝居を見るからには心を動かされたいではないか。だからキャスティングはよく考えてほしい。


悲劇って何

OSKのロミオ&ジュリエットを見てきた。つまんなかったなあ。きれいだったけど。音楽もまあまあきれい(でひっかかりがない。良い意味でも悪い意味でも)。ロミジュリってこんなにバカな話だったのか、ってのはよくわかった。で、そのバカな話をそのまま提出しましたという舞台でした。ということは、この舞台でいちばん言いたかったことは「世間では美しい悲恋のように言われていますがこれはバカな話です」ってことなのか。まあちがうでしょうねえ。死体とダンスの場面はよかった。工夫に思えるのがそこぐらいだったのが。フェンシングの殺陣がもたもたしてるように見えるのはたぶん振付のせい。でも全体に下品に流れることなくゆーったりと話が進んで、これはセリフがいらなかったんじゃないか。なぜかというとみんな芝居がいまいちだった。「お芝居をやっています」みたいな。だから話がバカなのがますますきわだっちゃったかな。あと舞美ちゃんはジュリエット役者じゃないと思う。しかし楊ちゃんもジュリエットに惚れてるように見えないロミオでしたなあ。でも見た目がきれいだったからそこは助かった。きれいなのがいい人にはいいと思えるだろう。


桜花王

桜花昇ぼるファーストコンサートについて、見た人といろいろ話をしていた時に、「何があってもあの時のあれがあるから、みたいな拠り所」というコトバを聞いてハッとなった。そういうヨリドコロがあるから何かを信じて(信じたくて)それを見続ける、というのである。

たとえばHKT48については、九州7県ツアーの福岡サンパレス夜を見たことと、KIVのシアターの女神公演を見た(いつのだ)のが拠り所で、音楽でいうとEGGPLANTでボアダムズを見たのとアザーサイドでアフターディナー見たっていうのが拠り所な気がする。じゃあOSKでは? 2004年の松竹座秋のおどりと2006年秋のおどりの日舞と2007年春のおどりを見たことだろう。それが心の拠り所となってOSKを信じている。一つにしぼれというなら、「OSKが最高に美しかった時」の2004年秋のおどりでしょうか。2004年の秋の桜花ちゃんの顔が大好きだった。

桜花昇ぼるファーストコンサート第一幕で、“You Do Something To Me〜ララバイ・オブ・ブロードウエイ”を歌う。ここが2004年秋のおどり第二部の『ニューヨークの秋』の音源を使っていて、「これは感慨深い、いろんな思いがぐるぐるするぞ!」と思ったら案外そうでもなかった。それよりも『桜花抄』のほうがじわっときた。『桜花抄』は次の世代の松竹座作品で、私はその次世代には文句ばっかり言っているけれどちゃんといい曲だってあるのだ。あたりまえのことに今さら気がつく。

このコンサートの、二部のほうはちゃんとつくってあったけど私にひっかかる曲が見事に一曲もなくて、それもまた桜花ちゃんらしいなあというか、私がひっかかるような曲をやるほうが驚くかもしれない。一部ではOSK時代の曲が並べてあり、途中で秋月さんの鶴の舞の話(BGMつき)をしはじめて、何かあるかと思ったらぶちっと終わって何もなかったように次に行ったので思わず「エエッ」と声が出た(^_^;)。これ、きっと桜花ちゃんが、どうしても秋月先生のお話を入れたい、と強く願ってのことなのではなかろうかと勝手に想像している。ここはひとさし舞ってもよかったんじゃないかな。白装束じゃなくても、黒燕尾でも真っ赤な変わり燕尾でも、たとえ大羽根背負って金襴緞子でも鶴、それでも良いのが桜花昇ぼる。

見終わってからしみじみと、OSKで、退団してからも舞台で活躍する人は桜花昇ぼるただ一人だろうなあと確信する。真琴つばさがトークで言ってた、『わが歌ブギウギ』で奥さんになったユリーを見て「ほんとにきれい、すぐ女優さんになってやっていける」って、その当時、私もだんなもMちゃんも揃って同じこと言ってたよ! 真琴つばさ話が合うよ! って誰でもあれ見たらそう思うよね。明治座で細雪の妙子役とかやりながらシャンソンのコンサートを開く桜花ちゃん。見てみたい、んではなく、たぶんやっている。同時に講談でEテレのサブカル番組にレギュラーで出て、春夏秋冬真田幸村もやってるな。全力で。


Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top