Home > 思う > 背後から

背後から

東北関東大震災が起きた。

体育館に並んでいる何百個という棺桶の、小窓をあけて中を確認している人の映像が流れた。
これはたまらない。
私は、人が死んだ瞬間もうその人はその人でなくなると感じて見るのもいやになってしまうので、遺体については「生き返らないと確定した瞬間ただちに荼毘に付すか埋葬するか」してほしい。見たくない。とくに棺桶に入った状態のものは近寄りたくもない。昨年、うちの老猫が死んだが、死んだ瞬間もう見られなかったし死体を入れた箱も触れなかった。それまでに、親戚や義理家族が亡くなって、その人たちよりも長く一緒に暮らしてその人たちよりも好きだったと思う老猫ですら、死んだ瞬間に見るのもいやになってしまった。だからそれは「相手による」話なのではない。

だから、災害などで、死体を確認するのはほんとうにいやだ。せめて遺体を、という気持ちもない。遺体に重きを置かないのなら献体、ということも考えたが、死体の状態でそれが長く置かれているのもいやなので、荼毘か埋葬を希望する。死んだ瞬間、その物体はなくなってほしい。埋まったり流れたりした状態の遺体は、勝手に処理してくれてしまっていい。いや、その処理が誰だっていやだから家族がやらないといけなくて遺体を特定しないといけないのかもしれない。それでも、海に流れていってしまったのならもうそれでいい。私がそうなったら探さなくていい。ただ、自分の死後のことを頼んだり指示したりするのは大きなお世話であるので(とても傲慢なことだと思う)、生きている人のやりたいようにしてくれればいいのだが、もし「自分は遺体をみたくない」と思う人が私の死体をどうにかしないといけなくなった場合は、ほっぽっておけるならそうしてくれてぜんぜん構わない。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2011/03/21/15/31/30/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
背後から from 大日貴

Home > 思う > 背後から

検索
フィード
メタ情報

Return to page top