Home > 言う > ケイコはプレイガール

ケイコはプレイガール

ピンクフロイドの本を読んでいて、ファーストアルバムが1968年に出たとか書いてあるのを見ると、小学校一年生の時なので、もしかするとリアルタイムでシド・バレット時代を聴けたのかも……などと思ってしまう。小学校一年生の時に音楽なんか聴いてた記憶がない。最初に欲しかったドーナツ盤は黛ジュンで、持ってるレコードはケロヨンとジャングル大帝のドラマソノシートでした。昔のことというとどうしても、その時に自分がどの程度の者だったのかがわからなくなる。実感として、22歳で自分の精神的な成長は完了して、あとは棚に入れたり出したりそのままで腐らせたりとかいう毎日を過ごしていて、最近はことに棚で腐らせるものが多くなっているような気がする。昔、自分が何かに夢中になった時、判で押したように一年半しか続かなかった。一年半で飽きるとか他に見つけるとかで、それをやめる。すごくきちんとしていた。それが崩れたのが三宅伸で、伸ちゃんは6年!……と、この話はやたら口に出してる気がする。このくりかえしてくどくなってるのも(もともとくどい性格とはいえ)年とってきた証拠だ。で、伸ちゃんの次が今ほぼ10年。すげー。10年だって。でも思ったんだけど、これは棚で腐ってしまっているってことでは……ない……よな……

この顔よく見る

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2012/02/17/16/33/01/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ケイコはプレイガール from 大日貴

Home > 言う > ケイコはプレイガール

検索
フィード
メタ情報

Return to page top