Home > 思う > 他の猫の反対

他の猫の反対

DVD予約300枚問題ですが、今回は内容がいいから300枚は行くだろう。それにしても、こうやって、脅しみたいな(と言って悪ければ、人質を取られるような)(って同じことか)条件を突きつけられてやっと300枚、というのはつくづく情けない。では、これまでの公演が300枚条件だったらクリアしていたか。松竹座モノについては、たぶん「松竹公演は残さないといけない」という使命感があるし、構成や演出に難があっても「この場面だけはイイ!」と思えるものが一公演一個は入っているみたいなので、その場面目当てにギリギリで300枚は行くと思う。じゃあ松竹以外の公演だとどうだろう。『女帝を愛した男』はどうだ。『総司恋歌』は。『ADDIO』は。『JUJU』は。『桜NIPPON』は。『バーンザパッション』は。『レディレイン』は。『YUKIMURA』は。『熱烈歌劇』は。どれもアカンのちゃうか。『BLIND』はギリ行くかも。……しかし、もし毎回こうやって「300枚(その時々の使用音楽によって200枚ぐらいになったりするかもだが)条件」がつけられた場合、ファンは「マヒして買う」「マヒして買わない」のどっちだろう。だから、作品がよけりゃ買うってば。そうだ、そのためにも毎回DVDの予約枚数で作品のデキをはかったらどうだ。はっきり数字になるじゃん。

洋舞第3景砂漠の眩惑。眩惑いうたらDazed and Cofusedですわなあ。というか、この最後のヘリの音ですけども、暗転の中のあの音が私には不吉なものにしか聞こえない。また、日生から松竹座に帰ってきたら、音響が私好みの、ベースの効いた音になってて、そこにあのヘリの音がごわああああっと劇場全体を覆いつくすように聞こえる。救助のヘリという設定なんだろうけど、私には地獄の黙示録である。「機銃掃射のSEを期待してしまった」とおっしゃった方がいて、ほんとにそういう感じ。ごわああああでヘリの音が途切れて、舞台の奥から「やったー」「ばんざーい」という歓喜の声が途切れ途切れに聞こえてから次の景、グッドフィーリングの桜花ちゃん花道出の音が入る時と、ヘリの音がフェイドアウトするのにかぶさるように音が入る時とあって、かぶさるようになる時のほうが断然好きだ。なぜかというと、音の最初が「ぱきゅーーーん!」というような音なので、「撃つ」ように思えるからです。そして満面笑みの桜花ちゃんが花道を走り出てくる。この満面笑みを「ああ、不吉なまでの満面の笑み……」と楽しむ。ま、数秒の楽しみですけど。

洋舞第8景セーフティ・ダンスの女A、ジャネット・ジャクソン知ってるかいの朝香櫻子さま。なんというか、それらしいのかもしれませんがでもトンデモナイ衣装だなあといつもボーゼンと眺めるのですが(他、平松もスゴイ)、松竹座の2日目の夜公演で見ていてハッとした。櫻子さまの上着はコレと同じものだ。ジルコンレーンで飾ってるので気づかなかった。ちなみにZARAです。

ざら

『Catch a Chance Catch a Dream』は宝塚っぽいと言われる。モチーフが宝塚でよくお目にかかるものなんだそうだ。ピエロとかじいさんばあさんとか空港クラブとかが。使う曲もかぶるらしい。でも曲はスタンダードだしなあ。あちらさんのオリジナル曲のパクリとかじゃないならしょうがないだろう。モチーフのかぶりはあんまり気にならなかった。しかし日生で最初に見たとき、「これ『ボンボヤージュ』にもあったよな空港の場面」と思って多少微妙な気持ちになったものだが名倉先生がボンボヤージュ知るわけもないと思うのでじき忘れた。その後、空港モチーフが宝塚によくあると聞いて、ボンボヤージュのほうに「……」という思いを抱いた。今まで松竹公演でいちばん宝塚を感じた(&好きじゃなかった)のはいつかの南座のラインダンス。立ともみが振り付けしたやつ。いろんな解釈があるものだが、この洋舞ショーは、宝塚っぽいのではない。「NewOSKらしい」んです。そこんところ間違えないでください。

『Catch a Chance Catch a Dream』は「OSKらしい」と言われる。近鉄時代のOSKを好きだったという人が、「これこそOSK」だとおっしゃった。ということは、これは近鉄OSKみたいだ、ということだろう。
工エエェェ(´д`)ェェエエ工 ?
いろんな解釈があるものだが、この洋舞のショーは、近鉄っぽさなどなどない。「NewOSKらしい」んです。そこんところ間違えないでください。

ちょっと驚いた話。「大貴さんて渋い人」だと思われていた。「大貴さんは、美人で可愛くて面白い人だ」と言ったら驚いていた。こっちがもっと驚いた。近鉄の最後の頃は渋い役をやらされてて、ワキで芝居をしめる渋い男役呼ばわりされていて、存続のタナボタでトップになったとさんざん言われてたことがあるが、たぶん、現在の大貴さんでも、桜花高世桐生よりも「可愛い」ですよ。可愛いっつーか、キュートね。大貴ファンが大ちゃんを好きだっていうのはたいがい「かわいくて面白いから!」だもん。「可愛くて面白い!おまけに美人!」。桜花ちゃんも桜花ファンには「可愛いから好き」と言われてるみたいでありますが、「大ちゃん=ひゃっ!かわいー!」「桜花ちゃん=まあ、お可愛らしい」の差かな。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2013/04/23/22/01/08/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
他の猫の反対 from 大日貴

Home > 思う > 他の猫の反対

検索
フィード
メタ情報

Return to page top