Home > 日々 > 日本橋の五階百貨店

日本橋の五階百貨店

正月の南座、OSKのOG公演、大貴誠は「出演依頼されたのに断った」とか言われてるらしい。
大貴誠は 「出演依頼されてない」 のが正しいところです。
(公演というのは主催者のものであり、誰に依頼しようがしまいが自由だが、あの公演に大貴誠の出演が依頼されてないってのはおかしい話だと思います)
(大貴誠があの公演に出なくてよかったと見終わってから私は思ったが、でもあの公演に大貴誠の出演が依頼されてないってのはおかしな話だと思います)

————————–
タイトルとどういう関係があるのさ、と思われるか。
昔、大阪の日本橋に五階百貨店ていう雑居ビルがあって、その向かいのさらに雑居ビルに『◯か☓(まるかばつ)』というレコード屋が入っていた。
そこで確かアウシュビッツのシングルを買ったのだが、そのシングルの曲は『フレイム』といってそれはそれは素晴らしい曲だった。
火のように朽ちていきたい という歌詞。
朽ちていくのは難しい。

コメント:1

ともきち 15-01-25 (日) 21:14

なんですってぇ!
それが
ショーチクさまの御意向なんですか・・・。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2015/01/25/17/37/58/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
日本橋の五階百貨店 from 大日貴

Home > 日々 > 日本橋の五階百貨店

検索
フィード
メタ情報

Return to page top