ジャストダンス解決法

『ジャストダンス』については初演が大貴さんのサヨナラのメイン場面だったのでつい気持ちも前のめりになる。これは2007年の春に『ラストショー』という景タイトルで初演され、2013年に『ジャストダンス』とタイトルを変え、2016年、そして今年とやった(とかいう説明はいくつか前の記事でコマコマと書いております)。

で、今年見て「ちょっと言わせてくれ」と思ったのは、

「ジャストダンスは前説なしでやってほしい」

であった。ま、ふつう、ショーは音楽と音楽と照明の点滅で場面が変わるから前説ってのもへんなんだけど、……前説つきなんですよ。前景が終わったら無言のうちに「…ダンダンダダダン!」とリズム刻んで新たな景として切り込んでくれー、と思いました。そのほうがかっこいい。だから、前景でトップ以外がジャストダンスの衣装で出てきてたのもなんかちがうと思う。場面が違うから衣装もちょっと変えようという意図か、ジャケットの腕まくりをしないでちゃんと着てるので、娘役なんかPTAのお母さんみたいでさー(OLっていうんでもないんだ。女子大生の就活でもないし、やっぱPTA風。これはちがうー・泣)。

で、今年のジャストダンスは、OSKを見続けている人には何らかのもやもやを抱えることになったと思われる。私が上で言ったこととはぜんぜん別のことで。

そのもやもやがどういうものでどこからくるものなのか、というのはもうめんどくさいから書かない。今日のこの記事はわかる人だけわかってくれたらいいですすみません。で、もやもやを解決する方法をいくつか思いついたので、それだけ書く。

★いちばん簡単な方法
「白」を1人にする。
初演の『ラストショー』は白が1人だったし別にそれでいいんでは。あとは今のまま。

★こっちのほうが根本的解決じゃないかと思う方法
高世は出ない。そして上から白3人。

白を5人ともセリに上げるっていう人もいたけど、それだとグダグダになりそうなんでやめたほうがいいんじゃないかなあ。そもそも「白が5人」っていうところが間違えたんだと思う。5人も白が散ると画面がとっちらかる。では根本的解決って、高世さん出さないってひどいと思うかもしれないけど前説で語ってるならジャストダンスに出ないというのはストーリーとして納得できる。さあ次世代をご覧ください、って。ここに出ないからといって高世麻央の魅力は減じないと思うから言っている。白を1人にするのは簡単だけど、それなら前説なしでいってほしいので、そうすると構成変えないといけないから手間かかっちゃうけど。