Home

大日貴

銀の薔薇の意味

twitter十戒。1.ほのめかしは書かない。2.何か言いたいことがある時は相手にはっきりわかるように書く。メンションだと相手にうっとうしい場合があるので、お名前をあげて誰にでもわかるように書く。3.舞台の感想は書かない。三つしかないな。1は、ほのめかし発言てのはtwitter界隈に溢れており、たいがい読んでいてみっともない。2も、ほのめかしと同じでみっともない。3は、自分がtwitterで観劇の感想を書く時はたいがい腹を立てている時なので、発言として面白くもないのでみっともない。なので舞台の感想はこちらにのみ書きます。

ABCホールの『シルバーローズ/フェスティバル』。見終わってロビーに出てしゃべっている時に「これを三越に持っていってほしかった」と言った人がいて、あー、それはいい、と思った。まあ、冷静に考えると、二部のショーにおける歌唱がひどいので、これを東京へ持ってっちゃマズイだろうが。よく宝塚ファンの人がOSK歌えるっていうけど、コレはどーなんでしょうか。いやもー手に汗握りましたで! というのも、一部の芝居ではちゃんと歌ってたんですよ真麻里都さん。「おお、歌えてる!」と、つい心に隙ができたところをスコーンとつかれた。2ちゃんねるでよく「チギの歌はひどい」というのを見ますのですが、チギ様と里都様はどっちが上手なんでしょうか。

私の心に隙をつくった『シルバーローズ』ですが、これはよかった。見終わって「やられた」という気持ちがむらむらとわきあがりましたから。ただ、これ、台本には穴がある。「人が死んで天使になる」という、ありえない前提にまずびっくりするが、お芝居でお話なんだから別にそんなことはいい。でもそれならそれで、そういう世界なんだってことはわかるようにしてほしい。オープニングの、スモークの中で白い衣装の真麻の歌とダンス、あれは「天国にやってきたミカエル(天使でこの名前ってのも……。大天使になる前の修行時代か)」なのか「地上に降りた時のミカエル」なのか、別に意味のないただのオープニングなのか。……というようなことも、まあどうでもいいか。私がいちばん「これまずいじゃん」と思うのが、天使のミカエルが人間時代につきあってたマリアに「ぼくはいつまでも見守ってるよ」かなんか言うのが、あれではマリアは一生ミカエルのこと忘れられなくて一生独身を貫き、小野小町のようにまわりの男を不幸にするんじゃないかと思わせる。そしてミカエルのほうがめでたくマリアのことを忘れて、天使学校に入ってきた元悪魔のリリスと「じゃあこちらでよろしく始めますよ」みたいな終わり方じゃないですか。いやこれ、けっこうとんでもない話ですよ。

(なので、これを三越に持っていくのはやはり、まずいかもしれませんです)

でも、見終わってそう思わないですむのが、音楽のおかげで、曲やBGの流れが「一つの劇」になっていて、それも、いい意味での「可愛い、清潔な歌劇」の音で、それを聞いてると納得できてしまうという作用だと思う。音楽は木川田先生ですが、これを見ていて、そしてそれまでに手がけられた芝居音楽を思い出して(『バロン』と『国境線』ですね)、失礼な言い方になるかもしれないけれど「木川田先生って、作曲家というよりも、劇音家(なんていう言葉があるかどうかわからないが)なのだ」と思った。少女歌劇の、劇音家。つまり、作品全体を音でまとめられる人。木川田先生、OSKで芝居が3作目というのがもったいなさすぎる。芝居をお願いしてください、とOSKには強く希望する。

それから、コスプレがうまくいってるところ。アイタタタ、ということがないのはたいへんよい。チラシで見た華月の天使はつまんなかったが、実際の華月の天使は「あーなるほどーこういうのはアリ」と思ったし、悪魔学校と天使学校の制服のジャケットもよかったし(とくに天使学校の白ジャケットに入ってるライン。ウルトラマン……じゃないか……でもそんな感じで、いい感じにアニメチック)、栞さなの悪魔も可愛かったし、あと、「舞台における、現代の若者姿」で、はじめて納得いったよ颯星るいのジーンズ姿。ビジュアルが「若々しい」ので、芝居が青くても(有り体にいってヘタだったりしても)、あんまり気にならない。ベテランがアタタタなコスプレしていたたまれないところにもってきて、芝居が巧みだったりすると、上手いのにさらにいたたまれなかったりして、自分もツライし演者にも申し訳ない。若い出演者の若さがいいほうに出ててよかった。だからこの作品を上級生にやらせてもアカンだろう。上級生には、上級生のための、この程度のクオリティの作品を別に用意してほしい。

(なので、これを三越に持っていっても、案外「いいじゃん」となるかも、という気がする)

この程度のクオリティ、と言ったのは、私はこの芝居は、台本穴だらけでも、今までにあった芝居よりは「良い」と思うのだ。若手だからこそ成功した舞台だったかもしれないが、それなら上級生には上級生への「こういう作品」……って、天使だ悪魔とかいうんじゃなくて、上級生が素敵に見える、美しく清潔なミュージカル、ってのがあるはずだ。……そう、この程度ですら今までなかった、ってのが、劇団員が気の毒すぎる。

(ってことは、くらべる対象が「……」だったから良いといってるわけで、やっぱりこれを三越に持っていくのはまずいか……)

プロフィール

横顔がきれいでございましょう?

20130517-154108.jpg

no-one makes me close my eyes

iPodに、2007年春のおどりのDVDから音を吸い出して入れてある。お買い物に行く時はこのiPodを聞きながら行くわけですが、『ラストショー(2007年ですから)』の音を聞いて、びっくりした。ラストショーは真ん中が大ちゃんの場面であるから、音を聞きながら浮かんでくるのは、歌がなくても大ちゃんの投げキッスであり大ちゃんの苦みのある微笑みである、のですが、きのう買い物の途中、ラストショーの音がふいに始まり(シャッフルにしてるので。ラストショーの前はPINK FLOYDのEchoesでした)、そして私の頭の中にうわっと浮かんだのが『ジャストダンス』のほうの映像なのだった。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工 ?

いやーこれはちょっとした衝撃でした。しかし、当たり前の話ですけども、ジャストダンスのほうがラストショーよりイイとかその逆だ、という話ではない。イイも悪いもないですよ二つ別モノだし。しかし衝撃の余韻のまま家に帰ってストップウォッチ片手にDVDを確認。ストップウォッチって押し間違うんだよなあ。何回か失敗してからやっと秒数を計ることに成功した。

曲がはじまって1分55秒、と4分05秒。007年春のおどりのDVDをお持ちの方は『ラストショー』始まってからのこの時間のところを見てください。

ラストショーとジャストダンス、曲は同じ、振付も90パーセント同じ、だからこそ“違いがきわだつ”のでありますが、上記の2箇所。ここは振付が替えてあります。そしてラストショーにおいては「大貴誠がいちばんかっこいいポイント」でありジャストダンスでは「桜花昇ぼるがすごく印象的」なポイントです。この「印象的な桜花昇ぼる」の姿が、買い物の途中にうわーっと、来た。暗雲たちこめる、という言い方があるが暗雲じゃなくて金の雲が上空を覆った、そんなふうに。そして私は、道の真ん中だというのに「わはははは」と笑ってしまったのだった。しかし、すごいなあ、名倉先生。1分55秒と4分05秒。同じ場所を「2人のトップの、いちばん印象的なものが出たところ」にして、でも振付の差はほんのちょっとなんですもん。大ちゃんのことも桜花ちゃんのこともすごくよくわかってるんだな。というか、見ればわかっちゃうのか。

それにしても、今年の春のジャストダンスしか知らなくて今年の春のジャストダンスに感動した人が2007のラストショーの映像見たら「………( ゚д゚)」でしょうなあ。たぶん、ものすごく、物足りなく感じると思う。2007を基準にしたら今年のは何もかもが過剰。トップスターの特性がこんなに出る場面てないよな。ブラック&ホワイトも、ザ・カムパニイも、これほどちがうってことはなかった。

桜傘

だめなあたし 2013-05-15

  • 吉祥寺のハバナムーンて、昔ゴールデン街にあったハバナムーンと関係あるのでしょうか。 20:15:25

だめなあたし 2013-05-14

  • 窓あけると栗の花のにおいがすごいです。 10:33:15
  • でも栗の実のゆでたにおいと同じですよ。美味しいんですよ。 10:34:08
  • 栗の花というと、以前『薔薇族』の文通欄でみた「栗の花咲く●●●●● 俺とお前の薔薇が咲く」(●●●●●をどうしても思い出せない)という通信文が忘れられません。 10:36:13
  • 3枚申し込みました。RT @jojo_hiroshige: よろしくお願いします!RT @dubtheworld: ほぶらきんTシャツかわいいですね!今年はこれ着てアイドル・イベント行こう!>RT 10:39:05
  • ニセモノのコンドームとはいったい…… 15:01:40
  • 粗悪品のコンドーム、というならわかるのだが。 15:02:09

ゼラチンの光

きのう「あの頃の楽しさを味わった今年の春のおどり」というようなことを書いて、その翌日のきょうは『御堂筋KAPPO』のパレード&ブースに参加するOSKを見にいって、なんかこう「ほんとあの頃みたい〜」って楽しさを味わいました。『御堂筋KAPPO』とやらは半官半民イベントそのものの「手際の悪さ」「無用のご挨拶」「無用の余興」と、「ダメイベント」の必要条件すべてが取り揃えてあるようなモノでしたが(SUITO大阪のグダグダイベント思い出しますなー。そういやあれは2004年春のおどりの直前だった)。しかも、開会式で壇上に来賓お歴々がパイプ椅子に座っている。その前の空間で、ヒップホップというのかラップというのかそういう音楽に乗せて自転車の曲乗り(……とは言わないんだろうなあ、でも私にはその語彙しか出てきませんです)をする、というのがあって、それがまた長い。壇上の来賓連は、それを見ながら顔が死んでいる。壇上には桜花朝香のお二人がいて、カンカン照りなところのイスに座らせられたらえらいこっちゃと思ったけどちゃんと日影のイスに座らせてもらってよかった。でもそのおかげで私のいた位置からは司会の男によって完全に桜花ちゃんの姿が隠されてしまった。司会どけ!と叫んでも遠いから聞こえまい。

で、その自転車の曲乗り、明らかに聴衆にウケていない。わきおこるまばらな拍手。ぱちぱちぱち……。ノリノリなDJ。いたたまれないことおびただしい。なんで半官半民イベントってこうなるかね。……と、壇上を見ると、きっちりと笑顔で曲乗りを見ている来賓は橋下徹ただ一人であった。さすが政治家ともなるとそのへんの気配りは欠かせないか。でも松井府知事も他の議員も政治家だよな。ところで橋下さんですが、双眼鏡でのぞいてみたら顔は笑顔ですが目は完全に死んでました。

んで、まあ、来賓の挨拶も長い長い。私は一時間の芝居の台本を書いて読み合わせてみたら20分しかない、という人間なので皆さん私を見習ってほしい。挨拶なんて短ければ短いほどいいのである。ところで橋下さんが、「大阪市と大阪府で春と秋に御堂筋のイベントやってたけど別々にやるなんてくだらない(大意)から今回一つにまとめた」とあたかも何か偉業を達成したような口調でおっしゃってたけど、それ単にイベントが二つから一つに減ったってことでは。それから来賓(どなたか失念。橋下さんだったかもしれないけど)が「大阪都構想により海外が大阪に注目するようになったのであります!」とまず自賛して、「そのおかげで世界自転車曲乗り大会(正式名失念)が大阪城西の丸広場で開催されます!」とさらに自慢していたが、世界に注目された成果として威張るにはそのイベントはササヤカすぎないか。しかし大阪であることだし「小さいことからコツコツと精神」というものか。

そしてパレード始まって、先頭が横断幕持って10人ぐらいいたのかなあ。真ん中に橋下、右のほうに桐生さん高世、の二人が見え、左端に櫻子ちゃん桜花ちゃんがいた。なんせパレードであって、被写体は動く。それで、待ち構えたカメラおやじ(イベント好きおやじ)が道路脇を固めているのでその頭のあいだからのぞくしかなく、パレードと一緒に移動するのもカメラおやじがいっぱいいて満員電車みたいなことになってるから動けず、あああと言ってるうちにOSKの方たちは行ってしまいました。桜花、朝香、高世、桐生、そして折原さんの後ろ頭、だけしか見えませんでした。牧名さんはいたのか???

諦めて、OSKブースのそばの日影の縁石にすわってたら、天使の真麻と悪魔の恋羽ちゃんが登場。おー、これはいい。「舞台化粧&舞台衣装の劇団員撮影イベント」ってどれぐらいぶりだろ。これは楽しい。往時のOSKブログ界って、とにかく「イベントの写真を撮ってアップ」&「そのツッコミレポート」がメインイベントで、最初は携帯みたいなコンデジで撮っててもどんどん写真うまくなっていく子が増えていき、一眼買うやらレンズ買うやら、そのうち一人はプロのカメラマンになってしまったし、もう一人のカメラの雄(女だけど)はずっとコンデジだったが一眼なんかよりいい写真をいっぱい撮っていた。そこまでいかなくてもみんな写真のセンスがよかった(でも、どんなセンスのいい子でも撮るのがうまい子でも、高世の面白い=いい写真は撮れないのであった。いつもきっちり構えた顔&ポーズだから)。ブログで美しい写真がいっぱい載ってるのって、載せるほうも楽しいし、見るほうも楽しい。通りすがりの人が見た時にも「これは!」と思ってもらえる可能性は高い。今のOSKに言いたいのは「写真が撮れるイベントを増やそう」ということです。チラシを配ったり道行く人とツーショット写真を撮ったりしている天使&悪魔をこちらもパシャパシャと撮影して、満足して帰途についたのでした。晴れてよかった。

撮った写真を何枚か。

★これが折原さんの後頭部とみる。
ちらりずむ

★唯一撮れた桜花ちゃん。橋下が見ている。
桜花ちゃん

★ちらちらと見えるきりゅーさんはやけにかっこよかった。が、総計でも35秒ぐらいしか見てないと思う(泣)。
きりゅーさん

★てんしとあくま♪
てんしとあくま

学園前何処

なんというか、終わって「終わっちゃったなあ」と思える松竹公演てひさしぶりだ。今日目がさめて「あー、今日は松竹座行かないのか」と思った、というのも何年ぶりだ。
(というのは、ここまでの文を書いたのが千秋楽の2日後だったので。今はもう千秋楽から半月たってしまい、今は目覚めてもふつうの日常です)

今年の松竹座の洋舞って、なんか、あさま山荘のラストで警察がブチこんだ鉄の大玉、みたいな感じがする。例えとして適切でない気もするけど、クラブのシーン、チェリーガールズ、ジャストダンス、大ラスのCatch a chance〜、この四箇所があの鉄球。ズガーン、ズガーン、と、見ている私の感情の何かを崩壊させるのだった。鉄球の威力破壊力はすごい。

ショーって場面が集まって一つになったもので、その一つになり方にはいろいろある。「膳に乗った料理」「額に入った絵」「ネックレス」と私はその三つに大きく分けている(って、今思いついただけだけど)。料理は和でも洋でも中華でもエスニックでもなんでもいい。食器だってどんな種類でもいい。ただし食事として美味しく、膳の上で美しく、料理と料理の食い合わせが悪くないもの(ウナギと梅干しはダメとかそういう決まり切った話じゃなくて)。

額に入った絵、というのは、場面が画材や色であって、それでできあがった「1枚の絵」。それを、さらに映えるような額に入れる。私はこういうショーを見てみたいんだけど見たことないんだよなあ。……うーん、『ノバボサノバ』とかが理念としてはそういうもんに近いんだろうか。

ネックレスは、場面が宝石、それが連なって輪になってる。今年の春の洋舞は、構造としてこれだったと思うんです。で、その宝石が、重量級のものがボン、ボン、ボンとつながっている。間には小粒な宝石もある。でもそれをつないでる糸が細すぎる。きれいな白い木綿糸が、宝石の重みに耐えきれないような気がした。でもあさま山荘の鉄球級宝石を見ているとそのすごさにクラクラして、そんなことはどうでもいい気がしてくる。…………じっさい、どうでもいいのかもしれない。このネックレスはもう箱にしまわれたので。あのすごい宝石を見て、その光を記憶の中にしまったからいいのだ。

まあそのことは措くとして、この春のおどりの何がよかったって、幕間とかにロビーで友だちが寄り合って「公演について」のバカ話が山ほどできたことだ。ここしばらくそういうことがとんとなかったから。良いにつけ悪いにつけ「おもしろおかしく」語る気になる公演がなかったんですもん。この友だちってのは、大貴ファンだけじゃなく桜花ファンも高世ファンも桐生ファンも、貴城ファンもいて、みんなNewOSKの時代に「ご贔屓は全力で応援するが同時にNewOSK日本歌劇団がなんとかなるように全力で見る!」という仲間だった人たちですね。今の人がそうじゃないと言いたいわけじゃなくて、単純に、自分の交友範囲の話で、けっこうちりぢりだったのがこの春の松竹座ではまた“あの頃の楽しさ”が再現されたのがうれしかった。いやー、とにかく「宵待草→連獅子」「タンゴ」「ピエロ」「砂漠」「ジャストダンス」と、それぞれの解釈が開陳されてからというもの、目からウロコおちまくり、もう舞台見るのが面白くて面白くて。みんな自分の大好きなスター様を誰よりも持ち上げるけど誰よりもオトすし。笑える批評。自分を含めて最近はそれがないOSK論壇ではなかろうか。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top