Home

大日貴

桜の園と竹の苑

あー、今日、桜まつりか……。
桜まつりの日に書いた日記のネタは辛うじてOSKのことが出てきたが、載った写真が近江飛龍とは……(でも飛龍さんは大貴誠以来はじめて『現代の肖像』で書いてみたいというか読んでみたいというか、そういう人です)。

桜まつりをやってるとおぼしき時間、松山市駅の周辺を歩いていた。駅のそばに、「デザイン事務所に勤めていた心優しい男女が、結婚し、会社をやめて、エレベーターもない古いビルの3階に、手作りの小さな、焼き菓子のお店をひらきました。古いビルの漆喰の壁を活かして、内装はふたりでこつこつとしあげました。やっとできたたからもののようなお店」というような、そんなことは名乗ってないし全部勝手な想像だが、そんな感じの店がある。売ってる焼き菓子はちょっと高いけど私好みの味なもんで、行ったのだ。2回目。古いビルの階段を上がり、ガラスのはまった扉をあけると、心優しいご夫婦が接客してくれて「また来てくださってうれしいです」とか言ってくれるのである。そういうことを言われるとうれしいと思う人もいるんだろうけど私は気分が重くなって次に行けなくなるタチなので困った。しばらくは近づけない。

策謀

朝起きてテレビを見たら近江飛龍が出ていた。なんでこんな朝っぱらから、と思ったら土曜の朝のワイドショー番組で、在日外国人に大衆演劇のメイクして衣装着せてやるというコーナーに「本物の大衆演劇の中の人」という役割で出ていたのだった。

あーだから浴衣ひっかけてノーメイクで出てたのか。
飛龍さんが外国人にメイクをしてやる。じゃかじゃか手早くグイグイ塗って描いているのだが、それが上手いのだ。いろんな国の人がいて、主に彫りの深い「ガイジン顔」が多いのだが、そういう顔こそへんに描くととんでもないことになる。でもそういうことにはならず、ちゃんとした舞台化粧顔になってるのだ。番組の性格上、できあがった顔を見て本人もスタジオも笑う、という仕掛けではあるが、それと上手下手は関係ない。「上手に、ちゃんとはずしている」。へんだけどデッサンは狂ってない。基本ができていて、なおかつ器用。

そこで思い出すのがOSKの劇団員のメイク。新入団生なんかとんでもないことになってるが(新入団生に限らないというのもあるが……)、あれは確かお化粧指導というのもあって、化粧を見てもらう先輩というのもついているはずだが、にもかかわらずデッサン狂ったまま舞台に出ちゃってる人が散見され……というか多いというか……もしかして先輩が「後輩にあんまりキレイになられると困る」からちゃんとした化粧を教えないんじゃないかという邪推までしてしまった。それほど、チャカチャカと人の顔に描いてやってた飛龍さんは上手だったという話でした。

近江飛龍さん 近江飛龍さん 近江飛龍さん

逃れる先にあるもの

どうしようもできない、どうにもできないことがあり、おまけにきょうはだんなが出張で家には私一人だ。話す相手は猫しかいない。猫はあまり話し相手にならない。やらなきゃならないことは前倒しにしてやってしまってきょうは何もやることがなく、どうしようもできない、どうにもできないことをぐずぐず考えて(考えたって意味はない)いるだけなのに、ちゃんとお腹は減るので、一昨日から静かに煮ている鳥ガラスープで玄米を炊いて、おかずは鳥のキンカン(というものがある。地域により売ってたり売ってなかったりする。かしわ屋があるところでは比較的売っている。松山でかしわ屋はみかけないが、近所の生協にさいわい売っている)を味噌漬けにしたものと、昨日の鳥キムチ炒めの残りのキムチ(炒めてないやつ)をおかずにして食べた。きっとこういう時のほうが太るんだ。きっと。

それにしたってあんまりではないか。

———————

あまりにもあんまりなせいか、その後、すごい腹痛(胃じゃなくて腸のほう)に襲われた。ほんとうにひどいと思う。

———————

その後、胃のほうが気持ちが悪い。食べ過ぎによるものとはわかっているが、それにしてもひどすぎる。

鳥の声がきこえない

僕の小規模な失敗 僕の小規模な失敗

青林工芸舎 2005-09
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

先に『僕の小規模な生活』を読んでからこっちの『僕の小規模な失敗』を読んだ。
最初に『〜生活』を読んでいる時には「もしかしたら『〜失敗』は読まないほうがいいかもしれない」と思い、でもアマゾンで『〜失敗』と『うちの妻ってどうでしょう』がいちどに来てしまったので
(それはそうと、私はなるべくアマゾンではマーケットプレイスで買いたい。というのも、値段のことよりも、マーケットプレイスはメール便で送ってきてくれていちいち「佐川急便でーす」とピンポンされてサインしたり(うちはすぐハンコがどこかにいくので)しないですむし、梱包も封筒とかだからそっちのほうがいいのだ。アマゾンの段ボール箱はカサがはる。段ボール箱好きの私でも、あの箱はあけると次に使えないし、ゴミにするしかないので好きになりようがない。でもマーケットプレイスでも「メール便で封筒で申し訳ない」と思うのか、やたらガッチリとプチプチでくるんでさらにビニール袋に入れてびっちりセロテープ留めとかしてあってむくのが面倒だ。ただ封筒にそのままつっこんでくれればいいのにと思う)
きっと『うちの妻って〜』のほうが好きなんじゃないかと思い、美味しいものを後に残す気持ちで『〜失敗』を読み始めたら、なんだかすごく面白く、でも読んでる途中から「これをこんなに面白く思えるということは、今後『〜生活』のほうは面白く思えなくなるんではないか」と不安になった。そして読み終わって、『うちの妻って〜』を読むとやはりとても面白く、また『〜生活』を読むとやはり面白くて、でもその途中で「これは『〜失敗』が面白くなくなるかも」と感じ、でも『〜失敗』を読むと依然として面白く、やはり『〜生活』を面白くないんじゃないかと不安になってくるということがずっと続いていて不思議だ。

ともだちいないの? 2010-04-14

  • 14:55  まさにさっき思っていたことだったので驚いた。RT @okiteporsche: アイコンがgifでパカパカんなってるのを使ってるヤツが耐えられない。使ってる本人はイライラしないのかねアレ?
  • 15:45  @okiteporsche いやご挨拶などと。こちらこそ何の挨拶もなしで申し訳ありません。えっクロタムPのお友達ですか! そのお友達は私ではないことだけは確かですが、よろしくお願いします。 in reply to okiteporsche

ほろほろ鳥

きのうもきょうもウグイスと、ウグイスと同じ声だけれどウグイスの鳴き方とちがう鳥の声が、昼下がりから夕方にかけて美しい。本も陸続と届く。読んでいるとほんとに気持ちがほろほろと砕けてきて死んでしまいたい。

うちの妻ってどうでしょう? 1 (1) (アクションコミックス) うちの妻ってどうでしょう? 1 (1) (アクションコミックス)

双葉社 2008-04-28
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

今さらすぎるけれども

これ読んでるとほろほろと泣けて泣けてこのまま死んでしまいたいと思います。

僕の小規模な生活(1) (KCデラックス) 僕の小規模な生活(1) (KCデラックス)

講談社 2007-12-21
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top