Home

大日貴

おまえのいぬになる*7

承前)
(タイトル変えました。元歌(I wanna be your dog)はつまんないんですけどね。パンクのライブに行くとやたらみんなカバーしてて、なんでこんなつまんない曲なのにみんなやるんだろうと思ったけど、考えてみると「カバーがしやすかった」のかもしれない。コピーが簡単でなおかつやるとそれふうの雰囲気になる。つまんないパンクのライブを象徴するような曲だった。このつまらん曲をもってきてこのタイトルに変えた遠藤ミチロウはえらい)

で、大貴誠によって、大貴誠を知る以前であったらぜったい受け付けなかったであろう音楽を聴き、その良さも知った。
で、私には昔から好きだった音楽や曲がある。After DinnerやCock’c’nelやライ・クーダーや『喝采』や『Blood Star』。
で、私の好きな曲というのはどうも大貴誠が歌っても良くなさそうなのである。

09年5月のそごう劇場のコンサートの時、こんな曲を歌ってみてほしいな〜、というものを考えた。
しかしなんでもかんでも自分が歌ってもらいたいものを歌ってほしい、だけでは通るまい。そこで考えたシバリは、「かっこいい曲」「せつない曲」「リリカルな曲」「大ちゃんの声が効果的に聞こえる曲」「歌ったことなさそうな曲」。
最初の4つはいいとして最後の「歌ったことなさそうな」というのは、退団して最初のコンサートで在団中の歌歌うのはどうか、と私が勝手に考えて自分をシバッていたのであった。それでいうと「退団して男役はやってくれるな」というのも強固にあるわけだがこの話はまた明日。在団中の歌というのは当然のこと「歌劇の歌」で、大ちゃんで歌劇の歌の良さを知ったとはいっても、大海原であえてそれを釣ろうと思わない、ってのもある。
でも考えてみて、私がコレと思う曲は、大ちゃんに似合わないのだった。『Blood Star』はだめ、『喝采』も違う、Hacoの曲なんかどれもぜんぜん違うし『レイン・ソング』はリリカルの方向性が違う、『パープル・モンスーン』も『黒のクレール』も合わない。大貫妙子はもしかしていけるかなと思っていろいろ聴いたけど微妙なところで違うから惜しい。でも微妙な違いってのは致命傷だしなー。もしかしていちばんイケるんじゃないかと思ったのがビョークなのだが、何かこうすすめるのがためらわれるのだった(なんでだろう)。(つづく)

ともだちいないの? 2010-03-24

  • 頭で同感だと思ってても体がその口調を受け付けない時がちょくちょくあるけどなんとか頭に従いたい。 #
  • @tetsuko_no_koya 長谷川忠司っていう人を存じ上げなくて、検索しても出てこなくて、どういった顔の方ですか。林直人(notアウシュビッツ)系ですか? in reply to tetsuko_no_koya #
  • 江ぐちにはもっとも似合わないと思うコトバだ…リスペクト……RT @qusumi: え、知らない!なにそのリスペクト店て!?RT @mokizo: @qusumi 新橋の方に江ぐちリスペクトのお店ができた話もほほえましいですが(^^) #
  • 「リスペクト」と「真逆」ってコトバは何にせよ使われてるのを見るとなんかぞげ〜っとする。 #
  • @tetsuko_no_koya 東京グランギニョルで似た名前の方がいたような、と思ってたんですけど違ったみたいですね。ボアダムズはゴッドママが抜けて以降ライブ見てないんできっと見たことないなあ。チルドレンクーデーターはいやっちゅうほど見たんだけどメンバーの顔がのっぺらぼう… in reply to tetsuko_no_koya #
  • [11:35]今起きたなんてすごく『だめなわたし』。 #

哉走りその6

承前)
ライブのほうのカードに書いてあった曲目。

TREASURE
スイングしなけりゃ意味がない
大阪
My Home Town
心をこめて花束を
I Love You I Want You I Need You
Stars
That’s Life

……ふだん聞いてるような曲がない。
私は音楽がそれほど好きでもないんじゃないかとこういう時に感じる。家にいる時も外に出かける時もずーっと音楽は聴いてるけど、決まった曲をぐるぐる繰り返して聴いてるだけだ。iPodに曲が1000や2000も入るっていうけど必要ない。あんまり好きじゃない曲は聴いてられなくて流し聴きってこともできない。なので80曲ぐらいをぐるぐるしている。家にいる時は自分で編集したCDが二枚のみ。新曲が入り込んでくることもめったにない。おまけに、ジャンルで音楽を差別しているので(わかってんならやめろよと思うんだけどそれが正しいという気持ちも多少捨てきれない)、ほんとうに音楽に関しては世間が狭い。
しかし、歌劇というのは歌の劇っていうぐらいで音楽が山ほど流れ出る。ふだんぜったい聴かないようなジャンルの音を、それこを浴びるように聴かされた。そこで私はけっこう音に対して目が開かれたのである。ジャズやミュージカルナンバーにはとても力のあるものがあるということを知った。もっと驚かされたのは民謡。異様にかっこいい。そして、ビートルズやストーンズの曲を歌劇が使う時はどーしようもなください編曲にされる。というかロックバンドの曲はなぜかだめにされる。ロックじゃないものがすごくロックになってることがあるのに、これは不思議。
しかしとにかく私の音楽の基本はロック(notヘビメタ。断じて!)であるので、ロックな歌を歌ってくれる人が好きなんです。あ、ロックの歌って、シャウトとかいうんじゃないです。それはいらない。

なんか大ちゃんて歌はダメみたいなことになっているようだが、私にはあれで充分で、というかハマッた時には誰よりもよかった。朗々とした歌じゃなくてもっとさらっと歌った時。さらっ、とざらっ、の中間ぐらいの。写真でも、つやつやのミラーコートじゃなくてマットコートのほうがいいというか、もっといえばザラ紙に印刷してあるようなのが好きなので、大ちゃんの、地声と裏声の境目ぐらいの、息がまじってかすれた声など、ちょっとない魅力です。歌劇というとやはり声楽が基本にあるので、どうしてもミラーコート的な発声が良しとされるし、それが似合う場面ももちろんあるんだけど、ちょっと無造作な息の混じった歌声のほうが好きで、そっちが私の考えるロックの歌声である。ヘビメタはシャウトでミラーコートで桜花昇ぼるで非ロックだろう。(そもそもヘビメタはロックではない、という私の前提はご理解いただけるんだろうか)(つづく)

哉走りその5

zaza

承前)
なんだかんだと言いながらずるずるとひきずられていくのは、それは「基本的なところで信頼している」からです。「保守反動的な思想に走る」とか「ヤンキー趣味」とか、いろいろと「これをやられたらアウト」というものが広範囲に埋められている地面をなーんにも考えずに歩いていて「ソレ」を踏まない、というのことについてはなんとなく信頼しているのだ。たまに「塀の上を歩いていて内側によろけてる」時もないではないが、あやういところで踏みとどまってくださる。

大貴さんはロックファンだったことはないみたいだけれども、ライブハウスでとんちんかんはしない。しないだろう。根拠もなくそのへんは安心していた。しかし油断してはいけない。方丈記か徒然草にも「最後まで気を抜くでない」という教訓随筆が載っているぐらいである。この日は二回公演で、1回目と2回目では内容が違って、1回目が「ライブ」である。2回目が「サロン」でこっちはお茶とお菓子が出る。こう聞けば、やるのが元歌劇の男役スターなので「スター様ライブ」と「スター様おサロン」みたいなもんになると思う。しかし見終わって見れば想像とは逆をいかれた。ライブと思っていたほうがサロンでサロンがライブだった。

会場は黒くていかにもライブハウスである。さすがにスタンディングというわけにはいかなくて、イスが並べられていた。ポストカード大のプログラムが配られて曲目が書いてある。先にやる曲がわかるってのはいいのか悪いのか。私ならなるべく隠しときたいと思うが、知らない曲をやられると最後まで知らないままなのでいいなと思っても終わったあとに話題にもしづらいから、できれば終わった時に「今日はこのようなプログラムでした」と紙でも配ってもらうのがいちばんいいがいかにも間が抜けている。ライブハウスに通ってた頃、終わってからステージの地べたやマイクスタンドに貼りつけてある曲順表をサッともらって帰ったもんであるが、あれがいちばん程のいい「曲目の知り方」かもしれない。あれはバンド男が直筆で書いてたから「サイン」という側面もあるのだった。

でもやはり大貴誠はバンドマンではなく、ライブハウスでライブハウスに似合ったことをやるとはいっても、ロックをやる人ではないので、きちんと4色で印刷されたプログラムのほうがいいのだった。これが折ってあってパンフみたいになってるんじゃなくてただのハガキ大の厚紙だったのがライブっぽいと思った(が、そんなどうでもいいことに気をとられてた客は私ぐらいか)。(つづく)

ともだちいないの? 2010-03-23

  • 二十年ぐらい前の民放大晦日深夜の番組みたいで何か懐かしい。初詣に行きたくなってくる。 #
  • 近所というのは重要だ。三鷹の江ぐちも三津のFLORも近所じゃなかったら行ってなかったろう。 #
  • 割礼は宍戸だけだけどレニグラは全員美形、と……。RT @tetsuko_no_koya: 普通にそう思ってぽーっとなってた、高校生の自分。RT @nascacar: RT @daikix: レニングラードブルースマシンは京都の美少年3人組、だと本気で思っていたあの頃。 #
  • 天気が悪くて朝からまっくら。夜みたいでソンした気分。 #
  • 愛媛が日本に誇るたべものは『志ぐれ餅』です。みかんの木はほんとにそこらじゅうに植わっています。同じみかん処でも和歌山ではこんなことはなかった。 #
  • いろんな店で志ぐれ餅を食べましたが、いちばん美味しいのは『三津ジャンボ市(安売りスーパー)』のレジを出たところで会議机みたいなのの上で売ってる手作り風の志ぐれ餅です。でもこないだ行ったら出店がなかった……もしかして二度と会えなかったら…… #
  • 同じように二度と会えないでいる美味は、「大國魂神社(府中)の門前の道路でコソコソ売っていたクッキーの久助」と、「厳島神社(三津)の境内に店を出していた大判焼き」。この大判焼きのアンコのうまさは上野のうさぎやのどらやきのアンコに匹敵していた。 #
  • @masakin111 あそこでは台湾産の合鴨とかどこのものとも知れぬ牛テールを買います。きのうは北条のデコポンを買いました。あの店って有名なんですか? in reply to masakin111 #

哉走りその4

承前)
まあいろいろあるのだけれど、Studio ZAZAでコンサートがあったのは良いことであった。何もないのがいちばん当惑する。何かあればそれがいいものであれダメなものであれこちらに何か思うところが発生して、判断のよすがになる。何もなくても考えるけど考えた先は妄想だ。それで言うなら「何もない」ということが最大の判断材料で「ダメ」なのかもしれない。しかし、考えてもみてください。「夢は何ですか」「あなたのやりたいことは何ですか」「あなたは何になりたいですか」と問われていったい何と答える。小学生の子供に聞くなら即座に答えも出てこようが、いい大人が「あなたはこれから何者になるのか」と訊かれたって答えられないですよ。「あなたの夢はなんですか」「毎日ごろごろしながらなんとなく世間に文章を発表(文を書くことにはまったく苦労なし)しそれがいっぱい読まれてホメられてお金になる」これが私の正直なところの返答だが、そういう問いかけをする人はそういうことが聞きたいんじゃないと思う。あなたが今後なにごとかを達成するためにはどのような努力をする気があるのか、を聞きたい(というか問いただしたい、突きつけたい)のである。

そうです……はっきりとその通りです……私は不安なのです、あなたがこれからどうしていくのかがわからないので。
しかしそれはこちらの勝手な思い入れで、いざ自分が「今後どうするのだ」と問われても先述のごとき返答しか出てこないし、そうするためにどうしたらいいか何も考えていないしそうするために何か努力をする気も皆無というのでは、相手に何かを期待するなんてことは申し訳なくてできません。でもできないけど、する。申し訳ない。

Studio ZAZAというのは道頓堀筋の、むかし中座があったところが建て替わった新しいビルの四階で、スペースが3つあって、まあライブハウスみたいな場所です。私は「好きな男を見に行く場所」が「ライブハウス」「競輪場」「劇場(けっこう立派)」と変遷してきて、最初がライブハウスなので基本がライブハウスで刷り込みされてるんです。エッグプラントとファンダンゴとどん底House(昔の。今のOtherside。ってまだOthersideって存在してるんだろうか)。あれぐらいの場所がイイし、どきどきするし、対象が美しく見えるのに最適な広さだと思う。粗末さもわくわくをかきたてる。松竹座はいい劇場だし大好きだけど、きっと頭で考えた「大好き」で、なーんにも考えずに選ぶんだったらエッグプラントを最上とするだろう。そんなわけですので、松竹座で退団興行をした元歌劇トップスターでも、私はライブハウスで見るほうがかっこいいと思うのだ。
でも、ライブハウスでやるからって、ガラにもない「ライブハウス仕様」でやられるのは勘弁だ。ロックの素養のない人がロックのマネをするのは見ていてツライ。あんたそれをかっこいいと思うのか……てのがバレるから。ムリしてやるならやらないでいいんです。ロックというのは様式じゃなくて「いかにかっこいいか」だから、ふつうにかっこいいと思うことをやってくれたらいいのに。なのでそういう場所で大貴誠が「ライブ」をやるというのはふと心配にさせられる、のですが実はそれほど心配はしていなかった(どっちなんだ)。(つづく)

ともだちいないの? 2010-03-22

  • @rkazaki 逆です。演劇であるべきものを、古典だから「わからなくていいんですよ楽しめば」的に言うのはちがうだろう、ということです。 in reply to rkazaki #
  • 体感だと46年前だ……。RT @jojo_hiroshige: 人形劇「ひげよさらば」のDVDを見た。これって1984-1985年の作品だったのですね。エッグプラントの開店が1984年でしたね。アルケミーレコード創立も1984年だった。26年前ですか。 #
  • @rkazaki あ、逆じゃないのか。古典芸能について「理解しないでいいから楽しめ」と言う人は「古典芸能を演劇だととらえるな、と言っている」と解釈して腹を立てたので。 in reply to rkazaki #
  • ひげよさらばは46年前の感じだけどエッグプラントは15年前な感じ。 #
  • これを可愛いと思えるか思えないかで猫好きも派が別れそう。私はダメだなこれ。RT @toyozakishatyou: うひゃー(中略)バタンキュー。 RT @yonemitsu ホバリンタマ猫、か、かわいい。  http://bit.ly/aEqkx9 #
  • 母絵夢とままどおるはどちらが美味しいんだろう。小男鹿と沢鹿も。 #
  • @hikariopopote ありあけ本舗のバームクーヘンチョコフォンデュというのが食べたくなりました。バームクーヘンは固くてしっとりしてて年輪がハガれるようなのが好きです。 in reply to hikariopopote #
  • @hikariopopote ありあけ本舗はハーバーの製造元みたいですよ。私は最近、ハーバーと黒ハーバーを食べてそのうまさに瞠目しました。♪ありあけーの〜、はーあーば〜♪ in reply to hikariopopote #
  • ま、まるで水本くんのような田畑満……RT @Tabatamitsuru: チコ・ヒゲ氏とお好み焼き屋で呑み会突入。 http://twitpic.com/1a86hz #
  • レニングラードブルースマシンは京都の美少年3人組、だと本気で思っていたあの頃。 #
  • でも、あの頃の写真見れば今でもそう思うな。いまだに林直人(当時)(notアウシュビッツ)が「いちばんかっこいい男」だと思うし。 #
  • 借りてたサーバーを引っ越したら迷惑メールを元から断ってくれるようになった。するとまるっきりメールが来なくなった。とてもさびしい。 #
  • タブレットチョコ(ヴァンホーテンの)を2キロ注文してしまった。ヌテラ400グラムびんを5つよりはマシか……。 #
  • @dana_dan2 一人パーリーはムナシイです。いつものことですが……。タイカレーパーリーもよくやります。 in reply to dana_dan2 #

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top