Home

大日貴

宇和島でも徳之島でもなく

『愛の翼』……私にはムリ!
いやー私「ムリ!」ばっかり言ってるような気もする。が、今回のこれは相当ムリだったんですよ。ただし『カルディアの鷹』よりはマシかなあ。うん、マシだ。『愛の翼』のほうが『カルディア』より時間短いから。早く終わるからまだいい。早く終わるっていっても、武生の客席で大概ダレました。苦痛。武生の「前半30分の日本物芝居」のはやみ甲作品はいいんじゃないかと思ってたけど、あれは30分弱で終わったからよかったのか。「私ははやみ先生の30分以上ある芝居は受けつけない」ことがわかった。

「話がトンチキ」
「これがかっこいい、と提示されるかっこよさが私にはバカみたいにしか見えない」

が受けつけない理由。ストーリーのトンチキさは、akihito先生と匹敵すると思うのに、なぜかakihito先生のようにネタにされないんよなあはやみ先生のは。今ふと思い出して検索したら出てきた、懐かしい学園前ちゃんが、2007年のはやみ甲ダンスカンパニー公演『ハーフデビル』を見て書いた感想、の一部。

ビジュアルとか、言葉の選び方とかいたたまれなくなるような場面が多かったです・・・あぅあぅ。それ舞台に乗せちゃうのかよみたいな。いやいいんですけどいいんですけど。何てかさーーーっ年若い二次の人がノートに書いた一次なんですよ!南港の帰りに電車の中で読んでる人を見たら、家で読めよ!と思っていたたまれないわけですよ!!(もう何の話かわかんないよ)

私はこの時、はやみ先生の芝居を見たことなかったんで、どういうことかわからないまま笑ってたんですけど(すごくいたたまれない芝居なんだなーということだけが激しくよくわかった)、『カルディア』と『愛の翼』見て、すげえ、まさにその通りのいたたまれなさだ、と実感しております。人間五十年高校生の同人誌のようなみずみずしい恥ずかしさ……。ううう。

あと、はやみ先生がたぶん「このセリフかっこいいぜ!」と思ってるであろうものが、ことごとく私にはダメだー。
『カルディア』の、高世が牧名に「へんな女だ」「ちょっと横になりたい」とか(思い出しても「うわあああああ」となる)、『愛の翼』で、没落貴族で遊び人でモテモテで国民的英雄だけど影があってなおかつみんなのアニキ(←ココ足しました。これけっこう肝腎なとこ、はやみ先生的に)であるスター闘牛士(この設定も、なんかジュネ小説の、18歳で巨大コンツェルンの社長に就任する美少年、みたいなツラさを感じる)が、王妃の姪である令嬢と恋仲になるんですわ。それで庭で逢い引きしてると、お嬢のお付きがやってきて「お嬢様とつき合うというならちゃんとつき合え、スター闘牛士ではなく、一人の男として誰の前に出ても恥ずかしくないような男になれ」みたいなことを言う。まあありがちだけど、なかなか良いセリフである。そしてこのセリフは、それまでちょっとコミカルな感じできてたのに、そこはきりっと、まじめに語られるわけです。それも良い。

が。これに対するエミリオ(主人公のモテモテ闘牛士ね)の返答。

「悪いけど、オレ、この恋、あきらめる気、ないよ」(←フフン、て感じで)

ぶちこわし….. _| ̄|●
つか、そもそもおかしいだろこの返事。アンタの言うこと聞く気はないよ、って意味になるじゃんよ。ここは自然に(力まず軽くなりすぎず)「わかった」の一言だろう。そのほうがどれだけかっこよかったか。でもはやみ先生においてはそうではないらしい。
この手の「なんでそこでそう言う???(前後の流れもおかしい&そのセリフのせいでかえって「こいつ間が悪い」「こいつ頭わりいんじゃないの?」ということになる)」ってセリフが肝腎なとこで出てきていちいちガックリ。
王妃がさー「至上最悪の女帝。それが私に与えられた冠だからな」って言うとこがあるわけよ。そこはもう、みんな「実はそうではない」ことがわかってるし、王妃だって片頬で微笑みながら言ってるような場面なのに、王妃の従僕(執政官とか言ってるけどやってることは小姓)が「悪い貴族がウソの噂を流してるからそんなんなったんですうーー」とか半泣きで言うしまたぶちこわし。王妃が「ナントカですわ」「ナントカなさいまして?」とか言わないのまではイイ線いってたのに。

いい曲がないってのも、『愛の翼』の弱いところであるな。
「あーまるでーつばさをもつーまーたーどーおーるー♪」
って、つばさをーのところでバタバタと羽ばたく振りがついてるのが、目がくらむほどださい。つらい。HKTの『初恋はバタフライ』で「はつこいはーばーたふらいー♪」で手をぱたぱたやるのの良さを思い出しちゃうのでありました。

不知火

大貴さんがたけふに行ったのである。退団してから越前市に行ったことはあったと思うけど「たけふ菊人形大劇場OSK公演」を見に行ったことはない。現役時代は「武生といえば大貴誠」と言われたものであった。出てない時でもつどいには呼ばれたりとかしてたし。存続運動の時に武生市(当時)の人にすごく力になってもらったという経緯があって、役所の人も大貴さんのことはよく知ってる人がたくさんいる。が、それも昔の話である。そもそも、出演者で大貴さんと一緒に舞台に立ったのって、折ちゃんに真麻に虹架に和紗だけではなかろうか。……けっこういるか。それでも下級生はたぶん大貴さんを知らんのだろうなあ。すごく知っててしかるべきという気もするが、言うても詮無いことである。

大劇場の大トップ

炎場

今日やっと大丸心斎橋劇場で『CONNECTION』を見た。
先斗町で『炎舞』のほうだけは見ていて、こりゃひでえ作品だなと思いつつ、OSKなんていつもこんなにひどい作品ばっかやってたじゃん、今年の春と夏の洋舞なんてほんとにひどかったし、あれよりはまだマシなんじゃねーのか、と思ってたんだけど今日、2回目を見てみて前言撤回。ひどい作品である(今年の春夏の洋舞が相当にひどいということに変わりはないので、さらにそれよりひどいということです)。
で、『CONNECTION』ですが、これを見て私は長年OSKの作品およびその作者について抱いていた疑問を解消した。

長年の疑問とは……
(以下は、ショーとかレビューについての話である。私は、今のOSKはレビューはできないと思ってるのだが……それは長くなるのでまた別の機会に)

「作・演出の人は、現代を見ていないのか」

ということであった。(アリモノの音源ということを抜きにしても)もう聞き飽きたような曲を選びありきたりの使い方しかせず、(アリモノの衣裳ということを抜きにしても)古くさい着こなしでだっさい飾りの衣裳を着せ、場面と場面はジャーン→暗転でつなぎ、へんな小芝居を入れながら踊ってるという、こういうショーをつくる作者は、たとえばテレビで、ミュージシャンのライブ映像見たりとかしないのだろうか。アイドルのライブでもいいよ。こういうショーをおやりになるのは、だいたい宝塚のOGとか、宝塚好きとかの人なので、それじゃあ宝塚でもいいから、最近の公演見にいってないのか? 風男塾のPVでもいいよ。好きなら見るだろう。こんなことはどこでもやってないよ。何見てるんだ、と各先生たちの肩ゆさぶってききたくてしょうがなかった。
これは趣味の問題ではない。それ以前の話である。カネの問題でもない。予算がないからそうなるのだ、ってことではない。例えて言うと、すでにMDすら廃れ、ほとんどの人がmp3で音楽聴いてる時に、「深い意味もなくカセットテープで音楽聴いてます」みたいなショーをつくってるのが、ほんとうに不思議でしょうがないということなのだ。あえてカセットなんだ、というショーなら納得もするが、「単に、カセットの不便さ不自由さ古くささだけがバレちゃってるショー」なんですもん。オーソドックスなのと古くさいのとは違う。

『CONNECTION』は麻咲梨乃が作・演出・振付で、麻咲先生は振付家であって演出家ではない。しかし宝塚や帝劇でずっと振付をしていて、たくさんの「現代のショー作品」を見ている人で、こういう人がどういうショーをつくるんだろうかと思って見てみたら、なんだ、ちゃんと「現代のショー」じゃん。カセットテープじゃない。音楽の処理も使い方も、場面のつなぎも照明も装置の動かし方も、ふつうにまとも。ちゃんと「今」ではないか。いやいやいや、ショーをつくろうという人なら、ふつう、当たり前ですよね、今を見るのは。今を見て、今を表現する。レトロでも近未来でも古代でもなんでも、出発点はそこだ。

OSKがこれから現代に生きる劇団としてやっていくなら、「デフォルトでこのレベル」のものでなくては先はない。今回の『CONNECTION』は私の趣味ではない。好きじゃないモチーフもあるし、好きじゃない音楽もあるし、でも今までがまともじゃなさすぎたのでこれが光って見えるという哀しいお話しなのだった。これがデフォであるなら「あのしょうもない説教はナイよなー」とか「あのDJのたたずまいはナイよなー」とか文句たらたらのはずだが、しかし今回は麻咲先生ありがとういろいろな疑問を解消してくださってありがとうございましたと深くお礼を言うしかないのである。

私は春夏の洋舞を見て、担当の先生には5年ぐらいは出てこないでほしいと思っていた。しかし今回『炎舞』を見て、さらに『CONNECTION』で「ショーにおける最低ライン」が見えてしまい、5年じゃなくずっと登板しないでほしいものだと思った。いや、それは『炎舞』の先生だけじゃないのですけれども。

蔵の中

……という映画がありましたが。
蔵出し作業してると、探し出すもの以外が目についてそっちについかかりっきりになるというのは、古本屋に出そうとしてつい本読みふけっちゃうのといっしょ。

ふしめ

桜の園

桜花ちゃんの写真がうまく撮れないんです。100枚も撮ってそのうち「ちゃんと桜花ちゃんの美しさ可愛らしさかっこよさがいくらかでも撮れてるのが8枚ぐらい」の率で。大貴さんの写真は100枚撮ったら45枚ぐらいはなんとかイケてた、と言ったら「そりゃあんたの熱意の差だろう」と言われた。そうなのかもしれないけど、それにしても「桜花ちゃんは撮るのが難しい」よ!

これは私の大好きに撮れた桜花ちゃんの写真でありますが私が撮ったんじゃなくて入谷さんだ(たぶん)。それを勝手に切り抜いてるんだけど。

桜の花

桜花ちゃんはこの笑顔だなー。

参拝

桜花ちゃん蔵出し写真5発目。2004年秋のおどり成功祈願@住吉大社の至宝コンビ。

住吉至宝

▼▼▼

蜜割桜

桜花ちゃん蔵出し画像その4。2004年春のおどり制作発表記者会見の時。ここから始まったんだなあ。
さっき『生きてこそ春に花』をすっごい久しぶりに見てたんだけど、『熱烈歌劇 re-BIRTH』とか『2003年武生』とか、『生きてこそ』って、まだ「近鉄のしっぽ」が残ってる。そりゃ「全員が近鉄のOSK」のメンバーだったんだから当たり前のことなんだけど、2004年春のおどり以降は近鉄のしっぽが完全に取れた。

割桜

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top