Home

大日貴

新刊です

タイトルは物々しいですが内容は……なにぶん私の書くものですので……。7日発売です。


Back in the O.S.S.K

サイリウムの晩

九州7県ツアー千秋楽

3月21日、博多サンパレスに『HKT48 九州7県ツアー 〜可愛いコには旅をさせよ〜』千秋楽を見にいってきました。

たーのーしーかったー!

と、こういう感想を書くと「ファンがコンサート見りゃそりゃ楽しいだろうよ」と思われそうなので書かないようにしてるんだけど、いろいろ考えて今回は大声で言うことにした。楽しかったー!

これは好きなアイドルをナマで見られたから楽しいんじゃなくて、構成と演出と出演者のパフォーマンスがよかったから「見てるだけで楽しくなれた」ということが言いたいわけです。2013年度、私が見たすべての舞台、ったって偏ってるうえに数も少ないですが、その中で最上だろうな。思わず演出家の名前を訊いてしまった。稙田成吾という、ジャニーズで演出振付してる人であった。うーー。そこか、そこなのか!
(ところでAKBGのコンサートには、会場で売ってるプログラムというものがないことが多くて、私の大好きな「スタッフ名確認−−−別にその業界に詳しいわけじゃなく、単に、ああ、こういう人がやってるのかと名前をまじまじ見るだけですが−−−ができないのが残念です。もうひとつ、みんながサイリウムとかペンライトとか持って振る&コールという応援形態なもんで、キメどころで拍手すると浮く。21日は構わず拍手バチバチしてたらお隣の人もつられてしてた)

会場が、松竹座と同じぐらいだった。間口とか。花道はないから近くに来るってことはない、と思ってたら、後ろ通路(いわゆる段上がり、よりさらに後ろの、二階席のすぐ下ぐらい)に、両サイド入口からフロート(身長ぐらいの高さ)に乗った指原とはるっぴがゴロゴロと出てきてたまげる。そしたら二階席、三階席の両サイド入口からも、さくらたん、らぶたんとかが出てきて歌うのでさらにたまげる。しかしこれを見て思い出すのは『2007年春のおどり』の日舞ですな。オープニングの総踊りで客席降りした時、二階席にも降りた(というか上がった?)んだよな。若先生のアイディアで。客席降りの時って二階席は置いてかれるから、そうならないようにって。でもさすがに松竹座の三階席までは降ろせなかった。しかしサンパレスの三階席にはメンが入れ替わり立ち替わりやってくるのであった。

で、松竹座と同じぐらいのハコで、出演者は松竹座より多いけど、出演者の技量はほぼ同等で、というと誤解をまねくかもしれませんが、「すげえなー」と魅了される部分と「あらら……アタタタ」という部分との比率が、双方似ているのです。で、HKT48は、そのアタタタをとても目立たなくするような内容と演出とキャスティングがしてあって、うまいなーうらやましいなーと思った。たまに出る「アタタタ」も、いいもん見ちゃった聴いちゃった、ぐらいのトクした気分だ(めるたんの松田聖子などまさにソレ!)。でもちゃんとみんな「渾身」ですからね。

舞台装置は、据え付けの階段セットがどーんと置いてあるから舞台面は狭くなるはずなのにあんまりそんな感じじゃない。セリもなけりゃ盆も回らない。なのにけっこう動きを感じる。あー、あれだ、六本木の『金魚』(ニューハーフショーやってるシアター。やたら舞台が上がったり下がったりヒナ檀みたいになったりする)見てるみたいな、見えるはずのないナナメ上から舞台を見てるような気にさせてくれる、そういう動きになっていた。彼女らのダンス力や振付で、ただ舞台で踊らせてたら見ちゃいられない(だろう)という問題点はきっちりクリアしててこれもすげえと思った。

そして何よりも、楽曲。

曲がいいんです、HKT48は。そりゃすべていいわけじゃなくて中にはイマイチの曲もありますが、基本のラインが「明るくてカラッとしててポップでキュート」。そのデキがいい! これはもう気分はアゲアゲですよ! それをあんなにかわいいらぶたん以下HKTのメンが歌い踊るんですから。まー、今、AKBGでいちばん可愛い子を取り揃えてるのもHKT48ですからね(と断じる)。衣装も可愛くてよかった。黒いミニドレスなんて、こういうのでチェリーガールズやってくれよと思ったからなあ。

で、家に帰って、なんとなく、『2013春のおどり』を見たくなり、DVDをじっと見る。日舞も洋舞も、オーバーチュアが素晴らしいんだよな。とくに日舞のほうのオーバーチュア。三階席で開演を待っていると、開演アナウンスがあって、チョンパにそなえてすべての場内の灯りが消える。消えるんだけど、オーバーチュアのあいだ、三階のさらに上にある音響の部屋の機材のレベルゲージだけが緑と赤にチラチラと光っているのを見ているのが好きだったなあ。と、そんなことを思い出していた。去年の春のおどりは、たぶん21日のHKTの次に良かった公演だけど、でもたぶん差は大きい。それは結局は金の力の差なのか。いやそうじゃないと思うんだけど。


辻占煎餅

OSKのOSKらしさの芯は“渾身”であるという。私もそう思う。でもそれは「そう言うしかないからなんじゃないか」。
OSKらしさは“渾身”からくるものだとすると、他の団体には渾身がない、あるいは少ない、薄い、ということになる。

このことに違和感がある。よそだって渾身でやってるだろう。宝塚だってきっと渾身でやっている。いや、いかにもテキトーにフラフラやってるのが後ろのほうにいますよ、と言われたことがある。なるほど。宝塚にはそういう人もいるだろう。それならOSKにもそういう人はいる。芸風は違う。志向も違う。しかし同じように渾身と気抜けの混淆で成り立っている。

桜花ちゃんのディナーショーがあった。たぶん最後のディナーショーで、これを見終わって私は「OSK90年の歴史に誇るトップスターだっていうならもっと金かけて(食事のことではない。……いや食事もすごくて何年か前にあった堂島ホテルのディナーショー“越え”だったけど)つくってやってくれよ」と泣きたくなった。しかしそれとは別にひとつ、腹の立ったことがある。

娘役2人、男役1人の3人で歌い踊る『恋するフォーチュンクッキー』。『恋チュン』は良い曲である。良い曲であり、売れていて、みんなで揃える簡単なフリがついていて、これのフラッシュモブのムービーがyoutubeに山ほどアップされている。ダンス自慢の人もやるし、どっかの会社の踊ったことないような人もやる。もちろんAKBGもいろいろなバージョンで踊る。じゃあこれをダンスのOSKがやるならどうなるんだ、とイントロ聞いた瞬間、身を乗り出した。しかしそのあとに続いたのは、テキトーな、ディナーショーの軽いワンコーナーなのでへろへろやってみましたよ〜本気出すまでもないっしょ〜〜……みたいなダンスと歌でした。

あんまり舐めたことをしてくれるな(泣)。

AKBのライブを何回か見ているが、OSKよりずっと渾身だ。それは比べられないとか、それは振付が違うからとか、それは口パクだから、とか言われても困ります。そこじゃないので。私はももクロは好まないけどもももクロだってOSKより渾身だろう。知らないアイドルもグループも劇団も人知れず渾身だろう。

OSKにおける渾身とかいうのは、単に「物理的に恵まれてませんので提出するものがお粗末です」を別の言葉にして言い訳してるのだ。…………いや。OSKは確かに渾身の魅力はある。あるのは知っている。しかしそれが持続しているとは思えない。私が現在、OSKに感じているOSKらしさというのは、もっと即物的な、音楽の趣味かキャスティングの趣味か衣装の趣味か……そういうものになっている。それの面で「OSKが好きだ」ということは変わらない。でも渾身の魅力も見たいんだが。


眼科画廊

保護中: カルディアの鳩

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。


すぐ謝る。

上田久美子先生ごめんなさい。演出が平板とか脚本が平坦とかいって申し訳なかった。今となっては「上田久美子先生の『翼ある人びと』の、いかにちゃんとしてるか」がよくわかりました。


Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top