Home

大日貴

すぐ謝る。

上田久美子先生ごめんなさい。演出が平板とか脚本が平坦とかいって申し訳なかった。今となっては「上田久美子先生の『翼ある人びと』の、いかにちゃんとしてるか」がよくわかりました。

宙から雪

『翼ある人びと』をシアタードラマシティに見にいってきた。一にも二にも、作・演出の上田久美子作品をこの目で見たかったからです。だってすごい評判高いんだもん上田先生。バウデビュー作が異様に評判よくて、これが2作目。でもって、好きな(会いたいだっけ)アーティストが会田誠ですって。え! 『犬』とか、ああいう世界を「好き」だと公言する、という、これは宣戦布告された気がして(いや、されてません……)「ぜったいこの目で見て批評するぞ!」と思ったんです。

で、オープニング見てすでに「うっ」となってしまった。主がいなくなったらしき家で引っ越しが行われている場面で、一人の老嬢がピアノをぽつんぽつんと弾きながら、引っ越しの指図をし、そして「彼がやってきたのはこんな秋の日のことだった……」とかなんとか、そんなセリフから、時間がわっと舞い戻って舞台が動き出す、という、よくあるといえばある始まり方。それはいいんです。私が「うっ」となったのは、その老嬢のセリフ回しですよ。
「これだよ!」
私が思い出してたのが『アッディーオ』の、オープニングに出てきた、修道院の老修道女。芝居の構造のカギになってる役で、ヒロインのリーダの、年老いた姿でのセリフから時間が戻って……と、これまったく『翼ある…』と同じですが、その老修道女、ヒロインですから牧名さんがやっていた、あの老修道女の演技が私は気に入らなかった。老婆の演じ方(声とか、仕草とか)が受けつけなくて、その後なかなか物語に入っていけなくて、見終わってからも「あの“婆さんコント”みたいな演技はないよ(泣)」と嘆いていたのである。もっとさらっとふつうにやればいいじゃん!と言ってたのだ。
このオープニングの老嬢の演技! これだよこれ! こうやってくれればよかったんですよ! 演者はすみれ乃麗さん……2006年入団ですか……真麻と同期か……まだ若いよなあ……いや演出や演技指導の問題か……。
ここでけっこう「がーん」となって、そこから幻想のダンスシーンになって、ここはまあよくある場面で、でもそこからの流れが「流れるようにきれい」(場面の絵ヅラはもちろん、セリフの美しさややりとりが流麗)で、「これはできのいい芝居」と思ってひきこまれた。主役の朝夏まなとは、まゆゆが大ファン、ということで知ってたが写真で見てもあんまり好みとちゃうなあ、銀英伝でも記憶に残ってないなあ、という人だったのにドラマシティは箱が大劇場より小さいせいか間近に見えてキレイである。2番手の緒月遠麻は、これは紛うことなく私の趣味じゃないルックスの人なのに銀英伝で見たらこの人ばかり記憶に残ったという人で、それも「舞台上のこの人(が演じる役)は“いい人”に見えて素敵」という、役者としてはすごい魅力を持った人です。って、銀英伝とこれの二つしか見ないでの感想ですが。そしてヒロインのクララ・シューマンが、文句つけようのないキレイさで圧倒された。怜美うららさん。え、2007年入団……。えっ……。でも歌い出したら「あららら」でした。まあ一つぐらいは弱点も見せてもらわないとこちらとしては立つ瀬がないですわ。まあ見た目と芝居は素晴らしかったですから。宝塚見て思うのは、ヒロインが、学年若い割に落ち着いた発声で落ち着いた芝居するってことです。OSKってこれが案外ないよな。

音楽が、なにしろクラシックの名曲をモチーフにしてるのでモトがいい上に、アレンジがいい。音がいい。衣装も美しい。舞台装置も簡素ながらセンスいい。

敗北感にしおれそうになりながら見ていたが、やがて「これ……長くない?」と思い始める。いや長い。これ2幕って言ってたよな? なのにまだ1幕で、それも終わる気配がないのだ。1幕の途中ぐらいで「これ、一時間モノの芝居だったらすごく素晴らしいんじゃないか」と言いたくなった。最後まで見てもその思いは変わらず。
そして、「これ、セリフは美しいし、流れはいいし、破綻はないし、全体にキレイだけど、芝居の構造として平坦すぎやしないか」という思いも募ってくる。
『女帝を愛した男』のあの長さを思い出す。長所も、短所も似ている。とはいえ、あれらよりは確実に『翼ある……』のほうがデキはいいけど。美しいし泣けるし、しょうもない場面も(なくはないが)少ない。作者の、読書量の豊富さみたいなものが感じられるのだ『翼ある人びと』は。人を感動させるポイントを、さりげなく、的確に仕込んであるのが、「教養の発露」によるもの、みたいなの。そして、趣味の良さがあふれ出ている。さらに、(この作品では隠し気味なんだろうけど)ちゃんと悪趣味も心得ている。けれどダサくはならない。素晴らしいじゃないですか。でもストーリーとしては平坦で、芝居の構造はありきたりで、演出も、場面転換がけっこう凡庸で、拍子抜け。この脚本と演出でOSKでやったとしても文句は言っただろう。とはいえこれデビュー2作目ですよ。OSKの、いいトシした作演出陣よりマシなことされてしまうというのは……(泪)。

それとは別に、これを見て私は、宝塚歌劇を受けつけない、ということを再認識した。宝塚には宝塚特有の香りというか匂いというか体臭というかスパイスというか、そういうものがある。それが私は嫌いなのだ、ということがわかった。たとえば、歌劇の芝居で大好きな(OSKも大好きな)酒場の場面、酒場の女主人の描き方が、宝塚とOSKでは違っている。宝塚が娼館のマダム風になり、OSKはジプシー(今はロマですね)風になる。宝塚の、脇にいる男役の芝居(台詞回し)のクセの強さ。OSKの脇の男役の芝居はけっこう自然風味。こういうのは、どっちで育ったかで受けつけるか拒否反応が出るか決まるんだろう。
場面でもそうで、酒場の群衆場面、貴族の館の場面、そういうのって、宝塚は「当然やるべきもの」として常に配備されていて、必要なくても場面つくってるんじゃないかと思わされることがある。いや、今日の公演見てはじめてそう思ったんですけどね。今日の芝居のストーリーだったら、別にいらないであろう群衆場面がむりやりくっついてるように見えたので。そうだ、エリザベートの場面を持ってきてくっつけたような唐突感があったんだよなあ。
そこで私が思ったのが、「上田先生、OSKの少人数芝居をやってみたらどうなんだろう」ってことで、「宝塚だからやらなければいけないとむりやりやった場面」がOSKなら必要なくて、それに芝居は一時間ちょっとだから、上田先生がやりたいことの粋が表現できるのでは? と思ったりした。なんか、今日の芝居見てたら、大劇場の芝居になったらもっとありきたりのたいらなもんになっちゃうんじゃないかなーという気がしたので、それなら大丸心斎橋劇場のOSKはどうですか、ってことなんですけど、まあ引き受けてはくれないでしょうね。

 

Yokohama mon amour

Somehow we drifted off too far
Communicate like distant stars
Splintered voices down the phone
The sunlit dust, the smell of roses drifts, oh no
Someone waits behind the door
Yokohama Mon Amour

白物家電

事納め

白い冬

展覧会の絵

本文なし。

光蜥蜴

Wonderous Stories

日を置いてまた武生に行ってみたらずいぶん変わっていた。舞台が。『武生の鼓太郎』さんが、やはり大魔神的なモノに変貌しつつある。このままいけば確実に、どこかの巌坐にでも封じ込めておかねばたいへんなことになる、ような人になっていて、後世、梅原猛が「鼓太郎伝説で一冊書く」んじゃないかと思わせる。『隠された鼓太郎』。
ところどころのポイントで雷鳴が轟いたり、セリフの抑揚つけたり(というか見得を切る的な台詞回しになったり)、とにかく「勢いで押し切る」戦法に出たとみた。そうなるとにわかに、こなれの悪い歌詞が耳につきだす。「一人前になるには五年と言われ」ってのも大概だが、「その紙 大事にしろよ」って歌詞はどうなんだ(笑)。そこが桜花ちゃんの熱唱だから「まあいいか」と思うけど、まあ、不思議な歌詞だ。

やはり「絢音がホンマにつまらん役」「桜がめそめそしててしょうもない」「甲斐ジョージが戯画的悪役」なのがファンとしてつまらん。よかったのは「愛瀬光はラインに乗れるんじゃないかと思えた」ということです。

で、ショーのほうなんですが、うちの夫が「今年の春の洋舞の次にいい」と言いだして「がーん……気は確かか」となったのですが、よく考えてみると、今年のOSKのショー作品……アレとかアレとかアレとか……ああ……確かに春の洋舞の次にいいのかもしれない……と思ってまたショックを受けた。

やはり私には、ネジをしめきってない感じのするショーで、しかしイヤな感じはしない。イヤな感じがしないのはイイことではないか。ラテンとスパニッシュがないってのがいいのかもしれない。どっかで見た感じがあんまりないし。最初に見た時、オープニングが、なんか松竹座みたいだな、と思ったというのもあるのです。それと近鉄臭さはない。衣装も基本的にイヤじゃないが、モトのセレクトは悪くないのに飾りすぎだよ……(デュエットダンスのとこなんか、白燕尾の内側の金色のビラビラと、白ドレスの後ろの金のレースがなきゃどんなにもっと麗しかったかー)。25分と聞いてびっくりしたのは、もっと長い感じがしたからで、その長いナーと思うとこが私にとってネジがゆるんでると感じるとこかもしれない。

幕間は、緋波華月穂香で、まずやんしき歌い踊り、客席トーク、そして手振り指導の後の『あっぱれわっしょい』歌い踊る。この手振り指導されるのがツライのでこの曲も一緒にツライのだけど、曲終わりで「じゃわあああ〜〜〜〜んっ、じゃっ!」となるところで、「穂香V 緋波Λ 華月V」に腕を上げて下げて終わる、そのひーちゃんの腕を「すっ」とさげてピタッと止メるとこがステキでしてね。「ああ、OSKを見たー」とうっとりする。私の思う「OSKらしさ」ってあそこじゃないかしらん。

hangs motionless upon the air

芝居がいろいろ考えこまされる作品だったもので、ショーのほうが今ひとつ、印象が薄い。

なんか、いつものOSKと違う感じのショーである。石橋さんのショーっつーと、2006年の武生の洋舞か。あれは「おーる近鉄音源に乗せたいつもの石橋ショー」って感じのものであったが、今年のは、なんだろう……なんか不思議なショー、なんですよ。不思議、というのは「いい」ことでもあるが、なんかネジがゆるんだみたいなショーでもあって、こちらも「どこが見せ場なのか?」と終わってからじっと手を見てしまう。

見せ場というか、見せられ場なら、第二景『Wrapping! Gift』だろうなあ。オープニングから引き続いてる場面なのですが、なにしろこのオープニングの、全員の衣裳が……。サクラクレパス12色入り、みたいな配色でどぎつくて、さらに飾り立てまくりである。OSKが今まで衣裳を飾るというと、ダイソーのプラスチック飾り、な風情でしたが今回の飾り立てぶりは、カラーホイル系なので、見る人によっては豪華と見えるかもしれません、が、……別に飾らなくていいし。とくに桜花ちゃんという人は「自分が光る」人なんだからそこにヒカリモノを配したらアカンのですってば。いや、光プラス光でイケル配し方もあるかもしれないけど、それはOSKの自主公演ではむりだ。そっちのセンスが圧倒的に不足してるから(泣)。

で、そのカッコの総踊りから桜花ちゃん残して男役がはける。桜花&娘役全員、の『Wrapping! Gift』の場面になるわけだが、手に手にプレゼントを持った娘役が桜花ちゃんを取り囲むと、櫻子ちゃんがいったんひっこんで、自分にリボンかけて登場して……っていうんだけど、けっこう頭グラグラした。これは桜花朝香でやる場面ではない。製作する人は劇団員の魅力というものについてもっと考えてほしいというか。ここは桜花朝香緋波は余裕しゃくしゃくにさっさとはけちゃって、若者でチャラチャラやっとく場面だと思う。

その後に、黒タキの男役軍団&桜花ちゃんでクールに踊るってとこもありますがどうも……ここもネジがゆるんでる。曲のせいだろうか。あと、この黒タキも飾り過ぎだ。テノヒラ模様の光る青いアップリケはいらんよ……。

いろいろ書いているが、うん、決して、イヤな感じとか、ゲンナリするとか、そういうショーではないです。いろんな味のキャンデーを缶につめておいたら外側が薄くとろけてなんとなく全体にひとつになったというような……こういうショーはあんまりなかった気がするので。

そして、フィナーレで桜花ちゃんは、熱烈の時の大羽根を(キジ羽根だけぬいて真っ白くしたやつを)背負って出てくる。メンバー全員、階段降りしてくるのに、トップスターの桜花さんは、下手の、袖から、小走りに出てくる。これには衝撃を受けた。何の衝撃かといえば「トップ(というかその舞台で上位の人)は上手から」「出はけは上から下へ」が破られたからなのだけれど、よくよく考えれば「トップが下手出で何が悪い」と言われたら返す言葉はないのである。上手と下手についてはいろいろなゴタクが(心臓が左側にあるからとか、天皇に対しての右近の橘左近の桜の関係性とか、洋の東西を問わずかならず上手からが決まりとか)あるのだが、それをぜんぶ知ってもなお、「で?」と返されたら終わりだ。そんなものを「なきもの」とするのがパンク・スピリッツ……ってOSKはパンク劇団じゃないけど、私はパンクであることが正しいと思っていたので、この程度のイレギュラーに衝撃を受けてしまったことを反省した。
それにしても、なんで下手の、それも袖から出てきたんだろうか考えたら、武生の舞台って、上手の袖がすごく狭いんですよ。綱場があるし、待機してる場所もないし、出てくるすき間も狭い。たぶん羽根が通らないんだ。下手でも、階段に上がるところは狭くて出られない。出られたとしてもカニ歩きになる。だから袖なわけね。先に出た全出演者が、斜めに整列して羽根の桜花ちゃんを迎える、というのは、イレギュラーを隠すためにはなかなか良いステージングであった。私が初日に見た限りでは、この「羽根しょって出てくるところ」が劇場でもっとも沸いたところだったので、背負って正解ということでしょう。でもこの考え方を推し進めていくならば、羽根はもっともっとさらに大きく、ハデに、小林幸子みたいにして松竹座で、という話になるよなあ。

書き忘れた。幕間トークは緋波亜紀、華月奏、穂香めぐみの3名で、和装です。男役二人は、着流しの、片袖抜いた、「うわー武生やー!」というスタイルで、ことにひーちゃんの、素頭着流しのあのスタイルは、「これができる人って、まだ今の劇団員にはいないわ〜〜」と思わせる貫禄と美しさがありました。でも、客に手振り指導してやらせるのはカンベンしてくれとなんべん言ったら……(泣)。

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top