_ed

1/2ページ

他の猫の反対

ざら

DVD予約300枚問題ですが、今回は内容がいいから300枚は行くだろう。それにしても、こうやって、脅しみたいな(と言って悪ければ、人質を取られるような)(って同じことか)条件を突きつけられてやっと300枚、というのはつくづく情けない。では、これまでの公演が300枚条件だったらクリ […]

絹の元

桜パラソル2006春

絹の元=繭=蚕=懐古ということで(苦)。 今日この時のDVD見ながら不要品のゴミ出しをしていた。きのうは『白い巨塔』(田宮二郎のやつ)のDVD見ながらやってたらドンドコ進んだが、こっちはダメだったなあ。流しておいてチラチラ見るというのができんかった。といって、座り込んでじっと見る […]

GCB-95 CRYBABY WAH WAH

crybaby

で、大ちゃんがその時泣いてたのかということにつきましては、その後のいろいろな状況や話や解説や邪推や分析を経て「泣いてない」と私は結論しました。分析とか言っておいてナンですが、実際どうだったかということはどうでもよくて、本人がどう主張したとしてもそれもどうでもいいのです。大ちゃんが […]

lammtarra

灰色の猫

私は見逃したんだけど(肝心なことを見逃す。まったく間が悪い)、桜花ちゃんが大貴さんの後ろから肩を抱いて、そして歌いながら去っていったあと、大貴さんはナプキンで目を押さえてたそうで、それを見た大貴ファンは思わず「だああー」と滂沱の涙だったんだそうです。何しろ私は見逃してるので、終わ […]

Anyway the wind blows…

NO IMAGE

東京會舘のディナーショーを見てきた。 しかし自分がこんなにディナーショーを見る人生になるとは……。「一生ディナーショーなんか見る予定はない」「日本のどこにディナーショー見るやつがいるのかと思ってた」と人に言われる。自分だって十年前ならそう言ってたと思います。私はディナーショーに行 […]

形態としてエロではないか

撮影がおわって

恵方巻き恵方巻きというので思い出した。2005年春のおどりのポスター撮りが2005年の(当たり前か。それにしても2005年って6年前かよ! 愕然とするなあ)2月3日にあって、松竹座の8階の稽古場で撮影で、大谷先生とか来てポーズ見てくれてた。その撮影が終わってみんながフェスゲに帰っ […]

ゆううつな月曜日

ひゃくばん

ぐえー。も、も、も。もっ、もっ、もっ……。 というのは宝塚の組替えを聞いて驚いたわけではない。ただ思ったのは、私は蘭寿とむの写真集を持っていて、なんで蘭寿とむの写真集なんか買ったのかといえば、大ちゃんの写真集を作ることになった時、同じ歌劇の男役が劇団から出す写真集ってどんなんだろ […]

( ´∀`)人(´∀` )なかーま

NO IMAGE

歌詞を書くのを頼まれて、喜んで書いた。その歌詞に曲がついた。それを歌ってもらうにあたって、作曲家が楽譜をつくり歌詞を入れる。楽譜の片隅には、作詞と作曲の名前を書いておいた。それを、作詞の名前だけ消されて配られた。これにはがーんとなった。 それから3年ばかりたち、自分のことじゃない […]

bacteriophage

手の甲と指

フェスティバルゲートを取り壊しているらしいのですが、稽古場部分はまだ辛うじて残ってる、と新今宮を通勤で通り過ぎる人は言ってたが。昔、建物のカケラを集めてる人がいたけど、現場に潜入して持ってきたいとすると稽古場の入口(南側)横の窓枠かなあ。そこが喫煙所になっててケースに入ったタバコ […]

プリンとプディングはちがう

プリン味

プリンというのは箱に入っていて牛乳を使わなくてもできる『ハウスプリン』の味だ(『ハウスプリン・エル』は牛乳を使わないとできない)。冷やしてつくってお湯で溶いたカラメルソースと称するものをかける。このカラメルソースも、ふつうにつくるカラメルソースとまるでちがう味で、しかし別種の懐か […]

桃は腐りかけが

熟桃

ちがった。「肉は腐りかけが」うまい、のだった。桃のほうは花電車で「可愛いお前の顔も桃のように腐ってしまうから」であった。なんだか意味ありげなタイトルだけど単に「桃が腐りかかる」という状態が好きなだけなのです。この人のことを好きなように。 熟柿っていう言葉はあるのに熟桃という言葉は […]

坊ちゃん団子

『遙かなる空の果て』というのは、見ていてゾワゾワするような、肛門から延髄にかけて微弱電流がナメクジのように這い上っていくかのような衝撃を与えたNewOSK日本歌劇団による「感動大巨編ハードボイルドミュージカル」でして、若木北原というトップ娘役二人がどうでもいい役だったというのが「 […]

読書の初夏2

   λλ  / ・Д・) < ←2ちゃんねるの園芸板で見つけたなめくじのAA。   ̄ ̄ ̄ で、暴力団本のお手盛りぶりを読みながら笑ってるんだけど、ふと我に返ると、私だって甘甘なことを書いてはいないか。特に大貴さんのことについてだ。『AERA』だ『AERA』! しかし、『現代の肖 […]

一年前

去年の七月は近江飛龍劇団を朝日劇場で何回か見た。去年の八月は南條隆とスーパー兄弟を松山劇場でずいぶん見た。近江飛龍ははじめて見た時「ついに大衆演劇の劇団で見る価値のあるやつに出会った!」と一瞬興奮したんですが、翌日見たら「もしかすると気のせいかもしれない」とちょっと思い、さらに見 […]