PRECIOUS STONES再考

やんちゃん!

楊ちゃんのプレシャスの感想がアレなのはちょっと申し訳なかった。

見た直後にしたツイートはこちらですが。

ほんと、世界館公演に似てたなあ。世界館のショー作品。高世さんのスターダストレビューとか思い出した。だから作品として悪いと言いたくない。

しかし、見終わって思ったのは「これ楊ちゃんが出る意味あったのか?」。あと「楊ちゃんと舞美ちゃんをこういう公演で一緒に出すのはもうやめとけ」。楊琳&舞美りら、この二人が早晩OSKのトップコンビになるわけですよ。で、今のこの二人コンビの使われ方じゃ早晩飽きられる。

楊ちゃんが角座の『PRECIOUS STONES』で出ると聞いた時には、「 工エエェェ(´д`)ェェエエ工 ?」となった。桐生さんが角座でレベンディスやるって時も「えええ….. _| ̄|● 」となって、じっさいレベンディス見て「桐生さんが角座で公演しちゃいかんわ、やっぱり」と思いながらも、琴海沙羅と紫咲心那の抜擢には意味もあったし、それぞれの魅力もちゃんと出てた(紫咲ちゃんの番頭さんはとても可愛かったしうまかった。でもその後、紫咲ちゃんというとあの頭をべったりなで付けた番頭スタイルばかりが頭に浮かんでしまいそれ以外の姿だと「早く番頭さん出して!」となるのはどうにかしたい。たぶん今後ほぼ番頭さんに扮することはないと思うので)(それはモードレットの実花ももちゃんにも言える)ので無意味じゃないと自分を納得させた。さて、楊ちゃんの『PRECIOUS STONES』はどうだったか。楊ちゃんが出る、舞美ちゃんも出る、「またですか」。でもあえて角座にこの二人、いずれトップスターとその相手役になるだろう二人を出すからには「何か新しいこと」を見せてくれるかと思ったが、そういうものはなかったなあ。いつも見たような楊ちゃん舞美ちゃんであった。では「椿りょう売り出し作戦」? たしかに椿くんは目立ってたのだけど、まだ相対的に「目立たせられた」みたいな感じなのよ。楊ちゃんと二人で出た意味がよくわかんなかった。

楊と舞美を組ますなとか、楊と椿を一緒に出すなとか、そういう話をしてるんじゃない。公演打つなら、それも(たぶん)ファンしか来ない角座公演やるなら、何か未来の見えるようなことやってくれよっていう話。

この楊のプレシャスって、「2番手スター(歌劇においては2番手がいちばん美味しい時期と言われますね。でもOSKではなぜか2番手はつまらん役とか場面をえんえん担当させられてしまうのですが)の楊と、いつも組んでる舞美でパーッと、角座とは思えん豪華さで、そこに若手で押したい椿入れて、これなら客入るやろ」みたいなもんを感じてしまう。楊ちゃんのプレシャスが終わったら、そのあと若手主演でプレシャス続演であるが、そっちのほうはまだ意味がわかるんだけどさ、ほぼ同じ内容で若手を交代で芯にして競わすっていうのは。楊ちゃんを角座に出すなら桐生さんのレベンディスの時みたいに、思い切って下級生(名前もわからないぐらいの、新入団生だっていい)と組ますとかさ。それって下級生も勉強になるが、それよりも楊ちゃんの力にもなりそうだ。あとねえ、角座で思い切ったことやるんなら、桐生・楊の二人に娘役(城月さんでも舞美ちゃんでもない誰か。穂花さんぐらいの)ひとりつけてショーやってくれといいたい。でもこれぜったい会社はオッケーしそうもないが。桜まつりですら桐生・楊はバラすんだもんなー。でもそれ、いろんな意味でもったいないことだと思うんだよなー(←これは『トップスター機関説』…いつ書くかわかんないですが…に密接に関係する話です)。

……と、楊ちゃんのPRECIOUS STONESについていろいろ思うことを書きましたが、別にいいの! 自分の食べたいフレーバーのアイスをトリプルにして食べられればそれでいいの! という考え方もあるし自分がそうなってる時だってあるわけですが。大貴さん出ずっぱりのショーが見てえよおおお。

大貴さま

この衣裳とか、あんまり好きじゃないというか「やめてーー!」なぐらいなもんですけど、きゃーきゃー言って見てたもんねー。いや、この場面は良かったんだよ! 松竹座で再演してほしいシーンのうちの一つですわ。