Home > 日々 > 逃れる先にあるもの

逃れる先にあるもの

どうしようもできない、どうにもできないことがあり、おまけにきょうはだんなが出張で家には私一人だ。話す相手は猫しかいない。猫はあまり話し相手にならない。やらなきゃならないことは前倒しにしてやってしまってきょうは何もやることがなく、どうしようもできない、どうにもできないことをぐずぐず考えて(考えたって意味はない)いるだけなのに、ちゃんとお腹は減るので、一昨日から静かに煮ている鳥ガラスープで玄米を炊いて、おかずは鳥のキンカン(というものがある。地域により売ってたり売ってなかったりする。かしわ屋があるところでは比較的売っている。松山でかしわ屋はみかけないが、近所の生協にさいわい売っている)を味噌漬けにしたものと、昨日の鳥キムチ炒めの残りのキムチ(炒めてないやつ)をおかずにして食べた。きっとこういう時のほうが太るんだ。きっと。

それにしたってあんまりではないか。

———————

あまりにもあんまりなせいか、その後、すごい腹痛(胃じゃなくて腸のほう)に襲われた。ほんとうにひどいと思う。

———————

その後、胃のほうが気持ちが悪い。食べ過ぎによるものとはわかっているが、それにしてもひどすぎる。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2010/04/15/18/07/10/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
逃れる先にあるもの from 大日貴

Home > 日々 > 逃れる先にあるもの

検索
フィード
メタ情報

Return to page top