#劇はじ の可能性とこれからのHKT48(前)

劇はじ

HKT48がオンライン演劇をやるプロジェクト『HKT48、劇団はじめます。』を見た。見て、わりと思うところがたくさんあったので書きます。   AKBグループ出演による2019年博多座『仁義なき戦い』が「今後十年後に至るまでたぶんNo.1演劇」と豪語してはばからない私とし […]

俺の桐谷健太の話

俺の家の能面

テレビドラマに夢中になるのって『まんぷく』以来ではなかろうか。『俺の家の話』。この番組の、最初に見たビジュアルがこれだったので、 「うへー」となって、能のシテ方の家元の長男がプロレスラーとか「ねえよ。またそういういやつかよ」と鼻で笑った、こういうイカニモな、ウケ狙いみたいな、設定 […]

『大河ドラマの黄金時代』は大河ドラマだ

大河ドラマの黄金時代

私のような年代の人間だとNHK『大河ドラマ』というのは「重厚なもの、かつ面白く胸躍らせるもの。とにかくすべてのテレビ番組の中でも最高級にすごいもの」という特別な気持ちがあって、そして年寄り特有の「昔のことは美化して思い出してしまう」というやつがあり、「今の大河の体たらくはどうだ! […]

荻田浩一の虚無への供物

ハンサムガールズ

新宿二丁目のA Day In The Life読書会で『虚無への供物』をやるというからまた読み直して中井英夫の他のやつも読み返してみてつくづく思うのは私は中井英夫の小説は『虚無への供物』以外はそれほどハマらないんだ。『虚無への供物』の何が面白いのか小谷野敦に問われて「笑えるところ […]

Victoria!の整い方

ハリハラ様

↑これはビクトリア女王。荻田先生に似てるような……( ・∇・) 書き忘れたのでちょっと『ツクヨミ』のこと。台詞とか歌詞の「日本語がとても端正」だったのもよかったです。へんな言い回しとか間違った言葉とかヤンキー耽美みたいな歌詞(どんなんだ)があるとほんとイヤなんだ。『ツクヨミ』はそ […]

ツクヨミの月光領域

なかよし

中井英夫のエッセイを読んでたら、 「同性愛は月光領域に属する」 という一節があって「うっ、そうか、そういうことか」といろいろ納得してしまった。いや、ツクヨミのことです。あれだけ月をフューチャーしてたのは月光領域だからか、と。この作品の一大特徴は、 「ヒーローはいるがヒロインはいな […]

ツクヨミ大衆演劇問題

まんなか傾奇者政宗

2016年の日記読んでたら「楊ちゃんの舞台姿(見た目)が若丸に似てる」って書いてた。若丸とは都若丸。大衆演劇の『都若丸劇団』の座長。なるほど。2016年に似ていて、今はどうなのか。タイムリーにそんな日記を見つけたので、「『ツクヨミ』は大衆演劇っぽいのか」について書きたい。 大阪松 […]

ツクヨミ成長譚 其の壱

首を斬り飛ばされる入鹿

鞍作 天宗を尽し滅して 日位を傾むけむとす 豈天孫を以て鞍作に代へむや 大阪松竹座『春のおどり 第一部 ツクヨミ 〜the moon〜』、初日の初回が終わった時の、会場の空気のビミョーだったことといったらなかなかすごいものがありましたよ。私も「ダメだこりゃ」と思い、友達に「日舞ア […]

十二鬼月れい

鬼城月

十二鬼月れいって何。内容はないよう。ゴメン。ダジャレがやりたかっただけです、十二鬼月……十二城月……ただそれだけ! だって城月さんにすごい鬼月っぽいもん! 『上弦の肆(し)・鳴女(なきめ)』が髪で顔を隠して琵琶をベンベンと掻き鳴らしてるの、城月さんだ! たぶんはやみ先生、鬼滅の刃 […]

桐生濤濤

たははのふたり

OSKのブルックリンパーラー配信公演、桐生麻耶ライブ、楊琳ライブを見た。配信ファンミーティング、楊チーム、桐生チームも見た。 (なぜこの画像……) この配信公演、見終わって思うのは「時間というものの力」。 何かが生まれて成長するのも劣化するのも腐敗するのも熟成するのも、みーんな時 […]

ガラスの楊琳

琳星

楊ちゃんを見ていると胸が痛くなる、ことがある。この人は何かを背負いすぎている。 これは私がそう感じただけだと断った上で書くが、楊ちゃんは前からトークの時にはしゃぎすぎると思っていた。とくに、自分じゃない誰かがしゃべった時のリアクション。それも、なんとなくビミョーなトークの時。あん […]

不時着の男たち

キム課長!

『愛の不時着』はもう十回ぐらい見ている。いや、なんなら何十回といってもいい。   5ちゃんの不時着スレ見てると「何周目に入った」という言い方で、たぶん全十六回の頭から終わりまでを「一周」と数えてると思われる。私は最初に一周してからは、好きな場所をピンポイントで繰り返して […]

春のおどりと南座私案

らてん

  とか書いたとたんに南座中止の発表。おのれの間の悪さに失笑……。松竹座『春のおどり』も延期っていってたのがけっきょく中止。正直なところ、私は「松竹座が中止になって南座だけ開催」になるのがいちばん怖かった。なぜそれが怖いのかというのは説明が長くなるのだが……そしてそれは […]

OSKの陰陽師史(その4)

晴明と葛の葉

OSKの陰陽師史(その1) OSKの陰陽師史(その2) OSKの陰陽師史(その3) 『闇の双璧』で、OSKファンの「陰陽師」に対する幻想はすべて吹き飛んで(作者がちがうから一緒にすることはないんだが、あまりにも虚無パワーがすごかった)ぼ〜〜っとしてたらコレがきた。 2004年たけ […]

1 2 3 4 89
PAGE TOP