桐生麻耶

1/2ページ

OSKの陰陽師史(その2)

明神丸

OSKの陰陽師史(その1) 近鉄がOSKの80周年記念公演をやり終えてから満を持したように解散を発表したのが2002年の夏。有志の劇団員で存続運動が行われたりしてる中、翌年5月のファイナル公演まで約10ヶ月の間に、こんないっぱい公演があったので今さら驚いている。 『ヒートアップレ […]

OSKの陰陽師史(その1)

桐生どーまん

7月のOSK南座公演、『陰陽師』やるんですって、北林佐和子作演出で。   そうか、陰陽師か。……思えばここに来るまで長かった、長かったよ! でも、もしかして……いや…まあいいや、とにかくOSKが陰陽師だ。安倍晴明だ。OSKで安倍晴明といえばいろいろありました。ということ […]

唯一無二の特別男

紫猫耳桐生麻耶

桐生麻耶が7月末でトップスターを退いて特別専科に異動する、併せて次期トップスターは8月1日から楊琳という発表がなされた。 つまり桐生さんはトップスターの地位から降りるけど劇団を退団することはなく「特別専科」という部門で活躍しますということで(つまりも何もないね。書いてある通りです […]

2019年の収穫は「ちゃんとしたもの」

2人のローマ教皇

2019年の舞台ベスト3を選ぶ。 1位 『仁義なき戦い~彼女(おんな)たちの死闘篇~(キャストA)』博多座 2位 『春のおどり 春爛漫桐生祝祭/STORM of APPLAUSE』大阪松竹座 3位 『         』 3位は内緒とかヒミツとかじゃなくてどう考えても決められなか […]

スターへの道のりについて

京我くんと柚咲ちゃん

日曜月曜と2回目の武生行き。しかし武生に来る(行く)ようになってもう二十年近いのかよー。びっくりしますね。今、武生では平日に下級生がお見送りとかしてるらしいじゃないですか。むかしの武生公演だと、土日祝は、今の菊人形のフードコートの横あたりに小さい野外舞台があって、そこで若手3人で […]

越前旅行記

猫とれい

武生で泊まる時は何かと便利だし駅前のパレス……じゃないや名前変わったんだホテルクラウンヒルズ武生を予約するんだけどさいきんはどうも行きたい時に満室なことが多く、そういう時はしょうがないんで鯖江のホテルα1とかになるが何かと不便。なので今年はAirbnbで探してみたら駅近にゲストハ […]

祝ラグビーワールドカップ開幕

ラガーマン麻央さま

ラグビーワールドカップ2019日本大会が本日開会いたしますので、OSKファンとしましてもラグビーの話題に乗らない手はない。ジャパンのエンブレムは桜ですよ! ジャパンに選ばれるのを「桜のジャージを着る」っていうぐらいなんですよ!  ということで「舞台でラガーマン」の写真などを掘り出 […]

全35曲2時間半ノンストップ

ごきせい

ひさしぶりにHKTの現場参戦『HKT48九州7県ツアー〜あの支配人からの卒業〜』鹿児島市民文化ホール夜の部。 もしかしたらフレッシュコン以来かも……(そのあと7周年記念公演@西鉄ホールにキャン待ちで当たってホールの前まで行ったけどキャンセル繰り上がらず中洲で飲んで帰ってきたという […]

ダンディの希望

だんでぃーず

10月に角座で『Dandy〜ダンディ〜』をまたやるそうですが、このタイトルって「だんでぃだんでぃ」なのかなーキャンディー♥キャンディー的な。ふつうメインタイトル以下の「〜囲み」はサブタイトルだよなあ。サブタイトルもダンディで、ダンディダメ押し!ってことでしょうか。 […]

どこで何をどう撮るか

遊郭の男

きのう書いた、大阪倶楽部みたいなレトロビルで桜まつりするならついでに劇団員を撮影しろ(スナップじゃなくて売り写真の気概で)という話なんですが。 よく考えたら、レトロビルの暗い(冥い、と書きたい)大理石の階段に飴色の木の手すり……なんてのが似合う人ばかりでもないという気がしてきた。 […]

桜まつりのススメ

いつぞやの桐生麻耶

今週土曜日、桜まつりですって! しばらく行ってないです桜まつり。最後に行ったの5年ぐらい前? なんか10人ぐらいのテーブルに着席方式で、そのテーブルに1席だけが空いてんの。そこにはなんと! くじびきで劇団員が来る! しかしテーブルに来られてもわりと困るというか、どういう話をしたら […]

海神別荘の釣り針

しろへびさん

『海神別荘』読んでると海の公子ってのは明らかに「若さま」で「王子」で、だからまだ王様ではない。キングでもエンペラーでもなくてプリンス。気の強い姉ちゃんもいるようだ。……弟かよ! そうです海を統べてるお父さんはどっか別の宮殿にいるのか。 サクラ大戦歌謡ショウの海の公子は、セリフや行 […]

ないものにはのれない

NO IMAGE

呉智英の本に載ってた話。どっかの有名な学者にUFOはあるかと聞くと、「ない」。もしUFOに乗れたら何をしたいかと聞くと、「ないものには乗れない」。これが科学的な態度であろう。 今年の春のおどりを見ながら、見て幸せな気分になりながら、「真麻もあと一年やっときゃよかったのに(そしたら […]

唯一無二の八木節

山中千尋ベスト

来年の『春のおどり』は唯一無二の男役・桐生麻耶トップお披露目公演で、日舞は山村友五郎先生の作・演出による『春爛漫桐生祝祭』。フィナーレは『桐生八木節』の総踊り。や、八木節! 民謡がカッコイイ、ということを私はOSKの日舞で知りまして、着流しでシャキシャキバシッと踊るのもカッコイイ […]

春のおどりの感想(日舞編)

武者たちと公家

思ったこと思い出したこと。とにかく初日の初回から見たい。他人の感想を聞く前に自分で感想を言いたい。三階に大好きな席があってそこで見た。あとは一階の6列目センター、3列目花道横、最前列上手で見ました。 ★チョンパの瞬間にショックを受ける。舞台の絵面がスカスカだ。チョンパってもっと豪 […]