Home > 思う > 読書の初夏2

読書の初夏2

   λλ
 / ・Д・) < ←2ちゃんねるの園芸板で見つけたなめくじのAA。
  ̄ ̄ ̄
で、暴力団本のお手盛りぶりを読みながら笑ってるんだけど、ふと我に返ると、私だって甘甘なことを書いてはいないか。特に大貴さんのことについてだ。『AERA』だ『AERA』!
しかし、『現代の肖像』というあの連載でつっこんで書いてるようなのは少ないよなー。下々戦記の人誰だっけ、あー吉田司、あの人はそういうふうに書くけど、どうも意味合いが違う。私は『御乱心』のように書かれたものが読みたいのだ。で、大ちゃんとOSKに関しても、そういうのが読みたい、のだけど誰が書くというのだ。

最近とてもよく読書をしていて、しかし先に読んだほうがいい本がなかなか読めないのです。読んでるとふっと気が遠くなって何か別のことを考えてしまい、だめだだめだと頭を振ってふたたび本を手に取る時に別の本を手に取っちゃってそっちを読みながらまたふっと気が遠くなり、だめだだめだと頭を振ってふたたび……のくりかえし。先に読んだほうがいい本にどうしても手が伸びない。なめくじってのろのろしてるようだけど実は進むのは早い、ということでなめくじの如く読んだほうがいい本を読み終えたいと思ったので冒頭のAAとなりました。自分が歩いたあとに銀色の道ができるというのもかっこいいではないか。

通天閣の夜

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2010/07/02/23/53/14/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
読書の初夏2 from 大日貴

Home > 思う > 読書の初夏2

検索
フィード
メタ情報

Return to page top