Home > 日々 > ともだちいないの? 2010-12-12

ともだちいないの? 2010-12-12

  • 15:56  じゃあ面白い芝居ってあるのか。ときかれた。確かに宝塚の芝居なんてとんでもないつまらんのばっかだったりする。
  • 15:57  歌舞伎もわからんし(それは自分が悪いと思っていない)、劇団四季はげんなりするし、他にもぞげーっとするのが満載だ。
  • 15:59  音楽がいいからあとは目をつぶるのが『エリザベート』だとすると、今回の芝居は「筋はエリザほど破綻してない。……ただつまらないだけ」ともいえるわけか。
  • 16:01  ロシアの歴史が縦糸でポチョとエカの愛が横糸になる必要はあるのか。どうせ絵空事なんだから「実はあの人はこーんないい人だった」「実はあっちはあーんな悪い人だった」でいいじゃん。
  • 16:18  とにかくあと60分短縮すれば多くの問題は解決すると思う。
  • 18:32  あと60分短縮したら「単にいつものつまんない芝居になる」って言われたけどそりゃ短縮する人間の手腕次第だと思うな。
  • 20:58  上本町の近鉄百貨店地下で福壽堂秀信の上生菓子と、千里中央阪急地下で鶴屋八幡の上生菓子を買って帰って食べる。やっぱ鶴屋八幡が好きなのだ。
  • 21:19  エカテリーナ歌でポチョムキン&ジュリアのデュエットダンスは私はとても良いと思いましたわ。愛のデュエットダンスって感じじゃなかったし(それがちゃんとできててよかった)。そっちより、最後の階段降りは牧名は高世の後、桜花ちゃんの前、だと思う。
  • 21:22  あんなセリフってのはみんなどれをさしてるんだろう。私はいちばん「うへー」と思ったのは、「いちどアレの歓びを知ってしまったらもう……やめられないの……自分から求めちゃうの」みたいなやつ。
  • 21:27  オルロフさんは軍服の時はとってもおステキだったのに宮廷服になったらいきなり男ぶり下がって、ありゃエカテリーナ様に愛想もつかされるというもんだ。そこへ行くとポチョムキンさんはずっと軍服を通していたのは女心をわかってるな。
  • 21:29  オルロフさんは失脚後、コサック軍に入って大暴れしていたが、撃ち殺されてもまた蘇っていた。プガチョフよりもある意味強い。
  • 21:31  うへーと思ったけどまああの程度のセリフならあってもなくてもいいや。私は昔のOSKの何かのショーで、「四十八手かよ!」というようなダンスを見てそっちのほうがぶっとびましたし。
  • 22:11  歌劇じゃなくてもエロセリフがあっても暗くても長くても休憩なくてもわたしゃかまわん。話がつまんねーからかまうんだよ。話がつまんなかったら音楽や動きや衣装で気がまぎらすという手があるけどそれもなかった(衣装は思ってたよりずっとマシだったですが)。
  • 22:18  @daturalist それだけ聞きにいけばよかった。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2010/12/12/14/59/00/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ともだちいないの? 2010-12-12 from 大日貴

Home > 日々 > ともだちいないの? 2010-12-12

検索
フィード
メタ情報

Return to page top