Home > 日々 > ともだちいないの? 2012-04-07

ともだちいないの? 2012-04-07

  • 17:29  @yokoyamayu ありがとうございます! 実は……こないだ行ってきました。呑龍様の通りも。そこの家からはマスコミ系の人がいっぱい出たらしいです。お年寄りの方によろしくお伝えください。
  • 19:19  先日、桜花昇ぼるがゲスト出演したラジオ大阪の『歌は世に連れ…歌好きドン!』という番組に、ジャーナリストの三谷俊之さんという人がパーソナリティの1人として出ていて、その人が「小さな雑誌にOSKのことを53回連載している」というこが、ファンの人のブログに書かれていた。それは読みたい。
  • 19:21  そこで調べてみると、その雑誌というのは、読売大阪社会部の黒田ジャーナルから続いてできたミニコミ『新聞うずみ火』というものであることがわかった。黒田さんの流れか! どんなんだろう、と気になってサイトを見てみると、確かに三谷さんの『OSK日本歌劇団とその時代』という連載がある。
  • 19:23  しかし、サイトの電子版ではその記事は読めないようになっている。ぜひとも、どんな内容なのか読んでみたい。OSK日本歌劇団というからには、近鉄以降のことだろう。OSKについての連載なんて『上方芸能』の肥田先生のと『大阪人』の松本さんのしか知らなかった。知らないとこで53回も!
  • 19:26  定期購読を申し込むと、見本誌を一冊送ってくださるというので、頼んでみた。それが今日届いた。さっそくあける。B5版32ページ中綴じ、白黒で、エディトリアルデザインはかつての『月刊競輪』そっくり、といってもわかる人も少ないだろうが、でもミニコミとしては字がびっしりで充実した感じ。
  • 19:29  巻頭記事は『あれから一年、災害弱者はいま』と、まさに黒田ジャーナルの衣鉢を継ぐものである。もちろん、反橋下である。それは結構。でも、まず先に『OSK日本歌劇団とその時代』の記事を見たい。サイトには「見開き2ページの連載」とあった。けっこう文字数多いぞ。何が書いてあるんだろう。
  • 19:31  ページを開く。『OSK日本歌劇団とその時代』確かにある。しかし目に飛びこんできた見出しが「三菱銀行立てこもり」「山口組の組長銃撃」「電子時代に影落とす事件」。写真が一枚、三菱銀行に立てこもる梅川の写真。「梅川照美」ってなってるけど「梅川昭美」だぞ。
  • 19:34  「……なんか私、間違ったか?」と頭くらくらしながら本文読む。「新校舎になったOSK日本歌劇学校で一挙に30名の新入生が入り、明るい兆しが見えてきたこの年」という出だしは確かにOSKの話なのだが……。その後、スペースインベーダー流行の話からYMOの話へ、そして梅川事件。
  • 19:38  梅川事件の説明をして、次に山口組田岡組長のベラミ銃撃事件。鳴海清が六甲山で腐乱死体になって見つかったという話。梅川と鳴海の両方とつき合ってた女と取材で接触した、「電子音とバブルに彩られる虚構の時代のとば口で、暴力で時代の皮膜を裂いた男たちを結わえた女性といえた」で文章は終わる。
  • 19:40  あのー。何かの歴史にからめてその時の世相を語る、ってのはよくある方法かとも思いますのですが、それにしてもこの話で、最初に4行だけ触れられるOSK日本歌劇団はいったい何なんだ??? なぜOSK日本歌劇団?
  • 19:42  連載一回分見てみれば、これからの定期購読が必要か(そしてバックナンバー取り寄せが必要か)判断できると思ったんだが、これ見てますますわからんようになった。この回だけたまたま「冒頭4行」の扱いだったんだろうか……いや、でも……(悩)
  • 19:44  どなたかこの連載の全貌をご存じの方はいらっしゃらないだろうか。……しかし『上方芸能』にもよくわからないオカルト連載とかあったし、世の中にはまだまだ不思議な文章がうみだされているのだなあ。
  • 19:47  でもぶったまげるよ、「OSKの連載」と思って読んだらいきなり梅川の、あの帽子とグラサン姿の写真、山口組の組長銃撃なんて見出しが出てくると。これは奇書というか奇連載というか……やはり第一回から読むべきなのか……
  • 19:52  (これで思い出してしまった)梅川事件、79年かあ。79年は私がはじめて新宿ロフトに行った年か……。森脇美貴夫
  • 19:54  森脇美貴夫がパンクバンドつくって歌うとかいって、そのベースが小嶋さちほで、私が高校の制服でロフトの階段降りてったらちほさんが駆け寄ってきて「私も女子美だったのー!」といきなり言われてびっくりしたんでした。まだゼルダができる前の話です。
  • 19:55  えー、でもその頃、三菱銀行事件があってベラミ事件があったわけ? なんかもっと昔のことのような気がするが。
  • 19:57  @osk_revue_fan やはり全貌を知るためにも第一回から読まねばならんですかねえ。大阪の図書館行けばあるかなあ。なんせ月刊誌で連載53回ですから、第一回はニューで松竹座やってる頃ですよねえ。どういう流れなんだろう。
  • 20:50  藤川球児ってほんまに私に顔が似てる……つか、逆か、私が藤川に似てるんか。

コメント:0

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2012/04/07/14/59/00/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
ともだちいないの? 2012-04-07 from 大日貴

Home > 日々 > ともだちいないの? 2012-04-07

検索
フィード
メタ情報

Return to page top