Home > 思う > 繰り言

繰り言

かっこよすぎて胸がどきどきすることがあるといろいろ楽しいんだけどなかなかない。OSKのショーを見ているとそういう気持ちになることがけっこうあった。しかしあったということは過去形でして、なくなってみると「けっこうあった」という頻度は「すごいこと」なんだということを思い知らされた。なかなかすごい団体だったのだなあOSK日本歌劇団。その割にはファンも増えなかったが。

あるブログを読んでいたら、OSKが解散してNewOSKになって素晴らしい作品を生み出していたのに大貴さんが退団して桜花トップ体制になってからタカラヅカもどきな作品をやるようになり残念、というようなことが書いてあり、ヅカもどきの例として中村一徳作品やってたから、みたいなことも書いてあった。その記事のコメントに、同感です私は解散前のOSKが好きでしたみたいなのがついていて、記事もコメント何かいろいろと解釈が違うと思った。

そもそも大貴さんの時代だって一徳先生の作品はやったし(最初はさんざんヅカっぽいとか言われたですけども結局は評判よかった)、ブログ主さんがほめてる世界館定期公演だって男泣きしたいぐらいひどい作品だってやってたりしたし。まあそれはいいとして、私は何度も言っているように、解散後のNewOSKは近鉄時代のOSKをやめて新しいOSKになろうとしたと思っている。その最大の成果が、松竹座の春のおどり秋のおどり(とくに山村若日舞作品)だろう。大貴さんがそれ(脱近鉄)を目指していただろうということだ。桜花ちゃんは大貴さんの後にトップになって、一種の揺り戻しとでもいうか、近鉄OSKに帰ろうとしたんではないか。だから、件の記事のコメントに「解散前のOSKがよかった」と書いた人は、桜花ちゃん時代のOSKのほうが大貴時代よりはいいんじゃないの? そういうこととはちがうのかなー?

南座のOG公演を見て思ったんですが、存続に関わりを持たなかったOGの人って、大貴さんが存続活動をしたからOSKが存続したなんてひとつも思っていなくて、もちろん大貴さんに感謝なんかしてなくて(牧香織さんだけは感謝してくれていると感じましたが)、「大貴じゃなくて私らがやってればもっとうまく存続した」ぐらいのことを思ってそうだ。別に何を思ったっていいし、「実際の苦労もしなかったくせに」とか、そういうことも言いたいと思いません。そういうケチな話ではなく、私は、存続に加わらなかったOGのおかげで、OSKは存続できる劇団になったと思ってるが。 ←どうもうまく書けないので何回もこの部分を書きなおしている。身も蓋もない言い方をすれば「抜けてくれたおかげでスッキリした」ってことなのですが、どうも聞こえがよくないなー。って、どう取り繕って書いたところで聞こえは悪い話を私はしてるな。

と、何が正しかったかそうじゃないかとか話をいくらしたところでOSKのファンは増えない。これから、かっこよすぎてどきどきするような公演を積み重ねていくしかない。


コメント:3

落ち込みファン 15-07-05 (日) 13:20

るえかさん(こうお呼びしてもいいですか?)初めまして。初コメントします。読みづらい箇所もあるかと
思いますが、お許し下さい。以下のような記事を読んだのですが…本当なのかしらと落ち込んでいます。私にとって桜花さんは天上人のようなお方で、離れて拝見させて頂く、といった、神々しささえ感じていました。どんな劇団でも退団時のイザコザは避けれないと聞きますが、それでもやっぱり辛いです。
蛇足ですが…いきなり講談師デビューには不可解な、言葉にできない、「いかがわしさ」はぼんやりと感じていました。それでも信じて付いてきたのですが。

痛い桜花さんのつぶやきでスミマセン…。

http://ameblo.jp/hanakazehikar……91267.html

青木る 15-07-09 (木) 11:39

返事が遅れましてごめんなさい。
当該のブログは私も読みましたが、その後『桜グラフィティー』という、OGに取材した本を読んでたら桜花ちゃんのインタビューで「会社にトップを譲ってくれと言われ」「ショックだった」というようなことを書いてたので、「やめるつもりがなかったけど肩叩かれた」のは確かなことでしょう。でも別に表面的にはモメたわけでもなく、松竹座も演舞場も素晴らしい公演で(日舞は。洋舞については、OSKでも最低レベルのつまらん作品と思っております。これは桜花ちゃんの責任ではなく)、それはつまり「円満に、素晴らしい退団公演を成功させた」ということです。裏話なんてのは、表に出てこられないから裏なんであって、実はね……とか言われてもそんなもんは知りません。ただ、桜花ちゃんが出てた浦美術館の浦テレビ(という名のネット番組)に出たのあちゃ〜でしたね。あ、それはウラ違い。

講談は、別にいかがわしくなくて、何やるのも桜花ちゃんは「本気!」です。
いずれ陶芸とか、海の中で立泳ぎしながら扇子に筆で「桜花」と書いたりしはじめると思います。それでこそ桜花昇ぼるです。
ファンは、自分が楽しくついていけるところにだけグイグイとついていったらいいのです。

落ち込みファン 15-07-11 (土) 13:39

るえかさん、お返事ありがとうございます。色々な噂をあまり気にしないようにしますね。

暑い日が続きますがご自愛下さいませ。

コメントフォーム
Remember personal info

トラックバック:0

このエントリーのトラックバックURL
http://tamachan.org/2015/02/10/15/18/44/trackback/
Listed below are links to weblogs that reference
繰り言 from 大日貴

Home > 思う > 繰り言

検索
フィード
メタ情報

Return to page top