Home

大日貴

京都の秋

大津に引っ越すことが決まった時に決意したのが「秋になったら『緑菴』の上生菓子を買いにいこう」ということだった。その決意を今日、実行してきた。
(なんて書くと、『緑菴』が大津にあるみたいだ。そうではなくて『緑菴』は京都にある上生菓子屋である。左京区にある。最寄り駅、たぶん京阪丸太町からはずいぶんあって、バスかタクシーか自転車でないと行けない。そういう場所には、大阪あたりに住んでいてもなかなか行くふんぎりがつかない。しかし大津なら京都の隣みたいなもんだし、行けるんじゃないかと思った、という意味です)

緑菴は予約はいらないが、目指す上生菓子が売り切れていたら哀しいのでいちおうきのう予約の電話をしておいた。その電話が終わってしばし考える。どうせ京都に行くなら緑菴だけじゃなくて他の店の上生菓子も買ったらいいではないか。緑菴に行くには三条か出町柳でレンタサイクル借りて行くのだし、それなら京都市内なら自転車で回れる。それならデパートなんかに出ない、要予約の店の上生菓子を買おう。そこでセレクトされたのが『嘯月』と『松屋常盤』であった。要予約といったって前日に電話して「きんとん四つ予約します。青木です」と言えばすむことなので簡単だ。

しかし『緑菴』に『嘯月』に『松屋常盤』の三店でそれぞれきんとんを買う。このセレクトだけでうっとりしちゃう。京都の和菓子界における桜花、高世、桐生という感じではないか。この中で私は『松屋常盤』しか食べたことはない。あとは写真で見たことがあるだけだ。その段階では「桜花=松屋常盤」「高世=嘯月」「桐生=緑菴」というようなイメージであった。

出町柳の「かりおん」という、一日三百円で借りられるレンタサイクルに乗って出発した。川端通りを南下、東一条通を東へ、東大路を南下、丸太町通を東へ、突きあたった鹿ヶ谷通りを北へ。今日借りた自転車が、やけにギアが重く、ほんとに重いのかどうかわからないけれど私の脚には重くて「男のギア」という言葉を思い出させるほどのもので、平地でも負荷がかかったような進みっぷりだったので、丸太町通が突きあたるあたりの坂道がものすごくこたえた。自転車おりて押して上がりました。しかし鹿ヶ谷通りはあんまりアップダウンはなく、ほどなく『緑菴』に到着する。予約しといたきんとんの他に、「紫苑」というういろう製の上生菓子がやけにおいしそうで思わず追加で買ってしまう。

『緑菴』を出て、鹿ヶ谷通をさらに北へ、今出川通を西に進む。今出川通には美味しそうな店がいっぱいあるんよなあ。フリアンディーズも童夢もエズ・ブルーもマリー・フランスもプチメックも。しかし今日は三つの店できんとんを計十二個買うので(おまけに緑菴では予定外に一個多く買ってしまった)それらのものまで買っていてはたいへんなことになるので、涙を呑んで通り過ぎる。堀川通を北に行き、晴明神社を通りすぎて表千家を通りすぎて淡交社を通り過ぎてやっと『嘯月』につき、きんとん四つを受け取る。どんなきんとんか聞いていなかったし、店には見本も置いてない。店の人が箱をあけて見せてくれた。「交錦(まぜにしき)」。白と桃色のそぼろに黄色のそぼろがちょこんとのっている。予約電話の時は「大丈夫か」と思うようなおばあさんが出たのだけれど、接客してくれたのはたぶんお嫁さんというか奥さんで感じがよかった。

細道を適当に曲がって曲がって北大路に出て東へ、烏丸通を南下、御所の横の歩道は小さな堀みたいなのがついていて、観光客が広がって歩いているから、自転車で走りながら堀におっこちそうでこわい。丸太町通を東へ、堺町通をちょっと下って『松屋常盤』できんとんを受け取る。ここは安い。四つ買って千円というと何かの間違いのような気がする。

すべてのきんとんを自転車の前カゴに入れて(なるべく揺らさないように気をつけて)丸太町通を東へ、寺町通を北へ、今出川通りを西へ、出町柳に帰ってきた。ギアは最後まで重くて、自転車降りたら太ももがガクガクした。乗ってた時間は一時間半ぐらいだったのだが。

家に帰ってきてジャスミン茶できんとんを食べる。まず『嘯月』。次に『松屋常盤』。そして『緑菴』。高世味に桜花味に桐生味。最初に思い浮かべていたイメージ通りである。『嘯月』の高世っぷりはすごい。となると、大ちゃんはいったいどの店なんだろう。食べたこともない店で今はもうない『生風庵』が大ちゃんぽいなあと思う。食べたことのある店だと『鶴屋八幡』の上生菓子かもしれない。『鶴屋八幡』はデパートにもよく出ていてポピュラーな店だけど、上生菓子はものすごく美味しいです。

———————
※2008/10/17の日記です。今は大津に住んでません。今は松屋常盤はきんとんやめてしまっている。

だめなあたし 2013-05-29

  • 先物取引自動売買ソフト詐欺販売、ソフトが「売買できない」って、ものすごく顧客に損をさせない良いソフトなのでは。 12:04:13
  • 丸襟で胸ポケットのついた木綿あるいは麻のシャツはないのか。 12:10:55
  • 牛乳とミルクはぜったい別物だ。 12:46:44
  • マスカット干しぶどうってのを見つけて買ったんだけどぜんぜんマスカットの良さがない! ダマサレタ! 13:06:31
  • ふつうの干しぶどう、ピオーネ干しぶどうより、マスカット干しぶどうのほうが味がくどいってどういうことだ!(干すと甘味が増す種類なのか。そうは思えん) 13:16:56
  • くやしいが小谷野さんがほめる本が面白い…… 20:35:26
  • 小谷野といえばふつうは小谷野敦です!RT @Morijun1952: おいらも栄一さんしか浮かびませんwwwおハムスキーで本当にすみません。・゚・(ノД`)・゚・。 20:42:37
  • RT @GAUZE1984: ほぶらきんBOX購入ー(^o^)。ユニオン特典缶バッチとアルケミー通販で購入したTシャツと一緒にパシャリ。 http://t.co/4uqM0Epqdm 22:34:41

だめなあたし 2013-05-28

  • 熊野UFOパイを買ってきてもらうのだ(๑´▿`๑)♫•*¨*•.¸¸♪✧ 22:52:27
  • なかよしパンは買いそこなったので(´∵`) 22:53:13

だめなあたし 2013-05-27

  • RT @jojo_hiroshige: ほぶらきんBOXを出してくれたお礼に、と、ほぶらきんのボーカルのゴースン(森下くん)から、なんとなんとほぶらきんの新曲「こもがわブルース」がMP3音源で送られてきました!大感動! 12:54:50
  • どーしてもバジルの間引きができません。 http://t.co/82f7guGzj8 14:56:32
  • 嗚呼、スーパーに青梅が。今年は梅干し中心(の予定)だから青梅はもういらないのに(2キロシロップ仕込んだ)見るとほしくてたまらん。 14:59:53

だめなあたし 2013-05-23

  • 三河安城を通過。 19:13:40
  • 美味しい二枚貝が食べたいなあ。タイラ貝とか、ハマグリとか。貝はほんまに美味しい。でも貝毒はコワイ。 19:17:10
  • 枠順確定に興味ないのに枠順確定にはワクワクするのなー。あと、三回京都がいつなのかわかんないのに三回京都に心ときめくのなー。 20:03:37
  • RT @jojo_hiroshige: http://t.co/YpmEkmPub0 ほぶらきんTシャツ上がりました。めっちゃかわいいです! 20:10:16
  • 夏を控えて一家に十枚! RT @jojo_hiroshige: http://t.co/waxYnIWMHu ほぶらきんTシャツ上がりました。めっちゃかわいいです! in reply to jojo_hiroshige 20:24:25
  • どんなにパリッとした服でもひとたび袖を通すとヘロヘロにしてしまう強力な汁をうちの夫は出すのです… 20:29:57
  • 淫水焼け(灼け?)って言葉をつくった人はすごいなあ。 20:33:28

だめなあたし 2013-05-19

  • RT @samsontakahashi: ひさびさに24会館上野に行ってみた。8時間滞在して、手を出された人数0、手を出して断られた人数7、射精0。私は自分でも比較的モテないと自覚しているが、今日は自分の実力以上を発揮できたと思う。みんな死んでしまえ。 22:27:57
  • RT @samsontakahashi: 「ブスだからモテない!」というと、「いや、それ以前に問題があるのでは。内面とか」と言われるが、それは自分でも自覚している。そっちはルックスよりタチが悪いのだ。だから今はブスだからダメだという逃避をさせてくれ。 22:31:22

銀の薔薇の意味

twitter十戒。1.ほのめかしは書かない。2.何か言いたいことがある時は相手にはっきりわかるように書く。メンションだと相手にうっとうしい場合があるので、お名前をあげて誰にでもわかるように書く。3.舞台の感想は書かない。三つしかないな。1は、ほのめかし発言てのはtwitter界隈に溢れており、たいがい読んでいてみっともない。2も、ほのめかしと同じでみっともない。3は、自分がtwitterで観劇の感想を書く時はたいがい腹を立てている時なので、発言として面白くもないのでみっともない。なので舞台の感想はこちらにのみ書きます。

ABCホールの『シルバーローズ/フェスティバル』。見終わってロビーに出てしゃべっている時に「これを三越に持っていってほしかった」と言った人がいて、あー、それはいい、と思った。まあ、冷静に考えると、二部のショーにおける歌唱がひどいので、これを東京へ持ってっちゃマズイだろうが。よく宝塚ファンの人がOSK歌えるっていうけど、コレはどーなんでしょうか。いやもー手に汗握りましたで! というのも、一部の芝居ではちゃんと歌ってたんですよ真麻里都さん。「おお、歌えてる!」と、つい心に隙ができたところをスコーンとつかれた。2ちゃんねるでよく「チギの歌はひどい」というのを見ますのですが、チギ様と里都様はどっちが上手なんでしょうか。

私の心に隙をつくった『シルバーローズ』ですが、これはよかった。見終わって「やられた」という気持ちがむらむらとわきあがりましたから。ただ、これ、台本には穴がある。「人が死んで天使になる」という、ありえない前提にまずびっくりするが、お芝居でお話なんだから別にそんなことはいい。でもそれならそれで、そういう世界なんだってことはわかるようにしてほしい。オープニングの、スモークの中で白い衣装の真麻の歌とダンス、あれは「天国にやってきたミカエル(天使でこの名前ってのも……。大天使になる前の修行時代か)」なのか「地上に降りた時のミカエル」なのか、別に意味のないただのオープニングなのか。……というようなことも、まあどうでもいいか。私がいちばん「これまずいじゃん」と思うのが、天使のミカエルが人間時代につきあってたマリアに「ぼくはいつまでも見守ってるよ」かなんか言うのが、あれではマリアは一生ミカエルのこと忘れられなくて一生独身を貫き、小野小町のようにまわりの男を不幸にするんじゃないかと思わせる。そしてミカエルのほうがめでたくマリアのことを忘れて、天使学校に入ってきた元悪魔のリリスと「じゃあこちらでよろしく始めますよ」みたいな終わり方じゃないですか。いやこれ、けっこうとんでもない話ですよ。

(なので、これを三越に持っていくのはやはり、まずいかもしれませんです)

でも、見終わってそう思わないですむのが、音楽のおかげで、曲やBGの流れが「一つの劇」になっていて、それも、いい意味での「可愛い、清潔な歌劇」の音で、それを聞いてると納得できてしまうという作用だと思う。音楽は木川田先生ですが、これを見ていて、そしてそれまでに手がけられた芝居音楽を思い出して(『バロン』と『国境線』ですね)、失礼な言い方になるかもしれないけれど「木川田先生って、作曲家というよりも、劇音家(なんていう言葉があるかどうかわからないが)なのだ」と思った。少女歌劇の、劇音家。つまり、作品全体を音でまとめられる人。木川田先生、OSKで芝居が3作目というのがもったいなさすぎる。芝居をお願いしてください、とOSKには強く希望する。

それから、コスプレがうまくいってるところ。アイタタタ、ということがないのはたいへんよい。チラシで見た華月の天使はつまんなかったが、実際の華月の天使は「あーなるほどーこういうのはアリ」と思ったし、悪魔学校と天使学校の制服のジャケットもよかったし(とくに天使学校の白ジャケットに入ってるライン。ウルトラマン……じゃないか……でもそんな感じで、いい感じにアニメチック)、栞さなの悪魔も可愛かったし、あと、「舞台における、現代の若者姿」で、はじめて納得いったよ颯星るいのジーンズ姿。ビジュアルが「若々しい」ので、芝居が青くても(有り体にいってヘタだったりしても)、あんまり気にならない。ベテランがアタタタなコスプレしていたたまれないところにもってきて、芝居が巧みだったりすると、上手いのにさらにいたたまれなかったりして、自分もツライし演者にも申し訳ない。若い出演者の若さがいいほうに出ててよかった。だからこの作品を上級生にやらせてもアカンだろう。上級生には、上級生のための、この程度のクオリティの作品を別に用意してほしい。

(なので、これを三越に持っていっても、案外「いいじゃん」となるかも、という気がする)

この程度のクオリティ、と言ったのは、私はこの芝居は、台本穴だらけでも、今までにあった芝居よりは「良い」と思うのだ。若手だからこそ成功した舞台だったかもしれないが、それなら上級生には上級生への「こういう作品」……って、天使だ悪魔とかいうんじゃなくて、上級生が素敵に見える、美しく清潔なミュージカル、ってのがあるはずだ。……そう、この程度ですら今までなかった、ってのが、劇団員が気の毒すぎる。

(ってことは、くらべる対象が「……」だったから良いといってるわけで、やっぱりこれを三越に持っていくのはまずいか……)

Home

検索
フィード
メタ情報

Return to page top